デブ女子を傷つける、メンズのひどい言葉。女は見た目なの?【元アイドル22kgヤセへの道】

写真拡大

<元SDN48・なちゅ【22kgヤセへの道】37話>

 昨年22kg痩せるも、今またリバウンドしそうな私。

 そんななかで思い出すのは、太っていた頃の悲惨な思い出です。30年生きてて万年デブめな私は、最高74kgまで太ってしまったこともあります。

 今まで、世の中の心無い男性の言葉に、そりゃあ傷ついてきました。この機会に振り返りたいなと思います。

◆メンズに付けられた、屈辱の“あだ名”

 高校時代、女の子4人で2泊3日で海に行った時の話です。同じく4人組のメンズに海辺でナンパされました。海辺で話したり、夜はみんなで花火をしたり、お酒を飲んだりと2日間楽しく過ごした夏の思い出。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=570309

 みんなで行動していたので、全員が全員の名前をきちんと覚えて呼び合ったわけではなく、最後のお別れの日を迎えました。帰り際に改めてメンズの一人が仕切り出しました。

「この2日間俺らと仲良くしてくれてありがとうね! ゆりちゃん、れいちゃん、しおりちゃん…」。

 最後に私の名前「なっちゃん」が来るかと思ったら、信じられないあだ名が。

「ありがとうね、鏡餅ちゃん」。

 か…がみもち? 私は固まりました。

 その瞬間メンズたちが揃って爆笑したので私は察しました。女友達はみんな気まずそうな顔。

 あー私メンズたちの間でずっと「鏡餅」って呼ばれてたんだ。お腹が鏡餅みたいにぼよぼよだから?

 私はその事に何も触れずに、気づかないフリをして、東京の自宅まで下を向いたまま帰りました。頭の中ではグルグルとみんなに馬鹿にされた最後の光景が流れていました。ある意味忘れられない夏の思い出に。

 若かったし傷ついたなぁ。

◆「痩せたほうがいいよ!」と耳元で怒鳴られた

 ギャル時代にも痩せたり太ったりしていた私。太っている時にもクラブに踊りに行ったりしてました。

 その日も友達とクラブで乾杯! 太っているにもかかわらず、ギャル系ファッションで二の腕や足など肌を露出してキャミソールにミニスカート。そして金髪の巻き髪。何度も鏡で自分の姿は見ているはずなのに現実逃避で気分は浜あゆ(浜崎あゆみ)。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=570296

 クラブのバーカウンターで踊っていると、友達と私に2人組の若いメンズが近寄って来た。ナンパかぁ。気付かないフリをしてカッコつけて踊っていると、片方のメンズが友達に「どこから来たの? 酒おごるよ!」と定番のナンパ開始。

 もう片方の男性が私の方に近づいてきた…。私はこいつか〜まあカッコイイじゃん? するとそのイケメンが耳元で大声でこう言ったのです。

「ねぇ、痩せたほうがいいよー!!!」

 そしてスカートの上に乗ってる、私の腰の贅肉をギュ! っと鷲掴みにしたのです!

「痛ったーい!」

 腰肉に伝わるジンジンした痛さと、クラブとはいえど大声で耳元で怒鳴られた衝撃…そして何よりナンパだと思ったら、デブへの警告! マジ恥ずかしい〜っ!

 友達は楽しそうにメンズにテキーラをおごってもらっている。私は急いでトイレに逃げ込みました…。そして友達にバレないようにちょっと泣きました。あー地獄。

 若かりし日の悲しいデブエピソードたち。

 しょせん女は見た目なの? 私は自分らしく生きたらずっとデブなの? デブ=モテないの?

 そうですよね。わかっちゃいるけどまた太っちゃうのかなあ? 私。

 ダイエットの道は続く。レッツブー!

<TEXT/なちゅ LLUSTRATION/志真うた>
【なちゅ】
1984年大阪生まれ。’09〜’12年、アイドルグループ「SDN48」に所属。現在はタレント活動のほか、書道師範を活かして「ボディ書道」を広めている。2015年6〜11月の4ケ月で22kgの減量に成功。ダイエット検定1級を取得。
LINE BLOG http://lineblog.me/nachudesu1223/

【志真うた】
芸人、イラストレーター、歴史恋愛研究家、温泉ソムリエ。http://shima-uta.com/