8月11日に日本全国348館、363スクリーンで封切られた映画『ペット」が公開4日間で観客動員数78万9500人、興行収入9億8282万円を記録。堂々の週末映画ランキング第1位を獲得した。イルミネーション作品が国内映画ランキングで1位になるのは今回が初となるほか、公開初日の成績は観客動員数23万3338人、興行収入2億9526万円という爆発的な数字で、昨年の夏休みを席捲した『ミニオンズ』(興行収入:52億円)、『ジュラシック・ワールド』(興行収入:95億円)の初日成績を凌ぐほど。配給の東宝東和も「興収50億円代も狙える成績」と期待のコメントをしている。

ペット

『ペット」は、「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描きだした、ペットたちの笑いと絆と感動の物語。日本語吹替版キャストに、人気お笑い芸人のバナナマンの設楽統さん、日村勇紀さんをはじめ、佐藤栞里さん、永作博美さん、宮野真守さん、梶裕貴さん、沢城みゆきさん、中尾隆聖さんといった豪華声優陣が集結したことでも、日本では話題を集めている。

ペット

7月8日に公開を迎えた全米でも、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月15日現在、全米興行収入は3億3594万ドルを突破し、7月から8月にかけて全米公開された夏の作品でトップの成績を飾っている。

さらに、日本を含め、世界各国で興行収入ランキング1位を獲得していることで、全世界興収もついに5億9264万ドルの大台に到達。6億ドル超えも目前の状況となっており、2016年に公開された全作品において興行収入ランキング第7位にまで登りつめた。この大ヒットを受け、早くも続編制作も決定している。

「うさぎのスノーボールが最高すぎ!キャラがよすぎよ」「ペット面白いよ!!おすすめ!!!!」「これはDVD出たら買おう(笑)♪」といった満足度の高い声がSNSでもたくさん見られるほか、グッズ展開でもその人気は盛り上がりを見せ、トイザらスなどで販売が開始されている各キャラクターのぬいぐるみは、売り切れする店舗が続出。同作のぬいぐるみを手に入れるため、映画を観終わった人がそのままゲームセンターに流れて行き、UFOキャッチャーが大人気になるなど、日本中で“ペット旋風”が吹き荒れている。夏休み真っ盛りで、ますます勢いを加速させる同作品の、暑さを吹き飛ばす今後の盛り上がりに注目したい。

【ストーリー】
物語の舞台はニューヨーク。テリアのミックス犬マックスは、大好きな飼い主ケイティと不自由ない生活を送っていたが、ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保護して連れて帰って来た瞬間からマックスの生活は一変。お互いに自分が優位に立とうと奮闘する中で、ある事件をきっかけに2匹は都会という荒野で迷子になってしまう。果たして、ケイティが帰宅するまでに2匹は家に帰ることができるのだろうか……。

文/編集部