米体操女子「ファイナル・ファイブ」にリーダーたちが学べること

写真拡大

開幕前の準備状況について、多くの心配の声が聞かれたリオデジャネイロ五輪だが、競技が始まって以降は多くの人の心を捉え続けている。競泳男子のマイケル・フェルプス以外に米国人の多くが注目したのは、「ファイナル・ファイブ」と呼ばれる体操女子団体の選手たちだ。彼女たちについては、ただ素晴らしいと言うほかない。

シモーヌ・バイルズとキャプテンのアリー・レイズマンら、メンバーたちの姿から頭に思い浮かぶ言葉は、彼女たちが心の奥深くに持つ気概と決意、そして情熱だ。ビジネスにおいて、リーダーたちがこの5人から学ぶことがあるとすれば、それは何だろうか。

1. 集中する

目標を定めた後、決定的に重要なのは集中力だ。ファイナル・ファイブは、「世界一になる」という自分たちの目標を理解している。そして、競技に臨む彼女たちの目からは、目標に集中していることがよく分かる。注意散漫で優柔不断な傾向があるリーダーたちは、指導力を必要とする者たちを率いる力を失う。仕事も人生も、目標はいつも一つという訳ではない。だが、リーダーには集中することが必要だ。

2. 深く掘り下げる

真のリーダーは、プレッシャーの下でもそれに耐えるだけのモチベーションを探し出す方法を認識しておく必要がある。何百万という人の前で演技をする体操選手ほどのプレッシャーを、仕事の場で受けることはほとんどない。だが、リーダーたちは、ほんの一瞬でも足を踏み外したときにいかに掘り下げて考え、立ち直るかについて知っておく必要がある。

3. 激励する

チアリーダーのような熱狂的な応援はばかげているし、表面的だ。私たちの誰もがそう考えている。だが、「大丈夫、私がついている」という励まし方には、その人が持つ最高の力を引き出す力がある。彼女たちの仲間意識は、同じ一つのメダルを争う中においても見て取ることができる。いつでも簡単にできるというものではないが、本物のチームワークを築くことができれば、それは千金に値するものとなる。

4. 訓練を続ける

メンバーたちは確かに、優れた運動神経に恵まれている。だが、それだけでリオ五輪に出場できた訳ではない。全ての競技のための練習や訓練に、驚くほどの労力を注ぎ込んでいる。一方で多くのリーダーたちは、時間をかけたと思えば、その後はただトップに座って何もしないという間違いを犯す。リーダーの中でも最も優れた人たちは、学ぶことに終わりはない、永遠にスキルを磨き続ける必要があるということを知っている。

5. 情熱の在りかを見つける

目に見える情熱や責任感、意欲を持ったリーダーたちには、多くの人たちが付いて行くものだ。ファイナル・ファイブのメンバーたちはきっと、泳ぐことにも、自転車に乗ることにも走ることにも優れているだろう。だが、彼女たちが情熱を持てるのはそれらの競技ではなく、体操だ。

自分が情熱を持てるものが何であるかを明確にし、その道を進むことだ。メンバーの一人であるギャビー・ダグラスは、「苦しい日々が、一番良い時だ。チャンピオンはその中から生まれるのだから」と述べている。

私たちの多くは、五輪が閉幕すれば、夜更かしをやめ、また普段の生活に戻る。一方、才能に恵まれたアスリートたちは、大会が終わり家に帰ると、また新たな目標を定め、トレーニングを再開する。私たちも学ぶべきことを学び、リーダーとしての金メダルを目指そう。そうすれば結果として、チームは目標に向かって前進することができるはずだ。