画像

写真拡大 (全7枚)

 リアルタイムデータの活用が増えてきましたね。カナダでは、交通データを活用したOOHが登場しました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

●キャンペーン概要

 時期:2016年
 国名:カナダ
 企業/ブランド:Danone
 業種:食品

■「あれ、ここの広告、今朝と内容が違う気がする」

 ヨーグルトやミネラルウォーター、シリアル食品などを世界的に製造・販売している大手食品関連企業「ダノン(DANONE)」。

 同社がカナダの高速道路沿いで、リアルタイムの渋滞状況によってデザインが変わる、広告業界初の屋外デジタル広告を実施しました。

 どの広告にも、同社の飲むヨーグルト「DanActive」で力をつけて“力強く乗り越えよう”、という商品のコピーが添えられています。以下、4段階の渋滞レベルに合わせたコピーとクリエイティブをご紹介します。

 1.渋滞度:4(制限速度の20%以下しかスピードを出せない渋滞時)

 「現在、制限時速3km…DanActiveで乗り越えよう!」

 2.渋滞度:3(制限速度の20〜34%しかスピードを出せない渋滞時)

 「家に早く帰る道(方法)はなさそうだ。DanActiveで乗り越えよう! 」

 3.渋滞度:2(制限速度の35〜64%しかスピードを出せない渋滞時)

 「朝からお気に入りのブラウスにコーヒーをこぼしちゃった。DanActiveで乗り越えよう!」

 4.渋滞度:1(制限速度の64%以上スピードを出せる渋滞時)

 「週末まであと○日!DanActiveで乗り越えよう!」

 この他にも、「Don Valley Parkway」など特定のエリアでは、エリア名にかけてシャレを盛り込んだ、皮肉的でユーモアのあるコピーを展開しました。

 「駐車場までまだまだ辿り着けそうにないから(Parking away)、ここは“Parkaway”って呼ばれているんだね。」

 Web広告では既に一般的なターゲティング広告。今後屋外広告の分野でも、ますますリアルタイムデータを活用したデジタル広告が増えていきそうですね。

●参考サイトはこちら

  INRIX

●先週の紹介キャンペーン

 暗闇に立体で浮かび上がるR2-D2!香港ディズニーランド、スターウォーズのホログラムをスマホで再現

 記事転載元:AdGang

山田 健介(株式会社PR TIMES)[著]