【意外と知らない】駐車と停車の違いとは?

写真拡大 (全5枚)

運転者が乗っていても駐車違反になることはある

運転しているとけっこうな確率で関係してくるのが、駐車と停車。教習所でもまず習う、重要な行為だ。だから違いについても、教科書的にであればすぐに説明できる人は多いハズ。もちろん法律で定められていて、該当するのは道路交通法の2条となる。

まず駐車は荷物を積み降ろしたり、人を待ったりなどで、5分以上止めること。その際、運転者は離れていて、すぐに運転できない状態というのも定義されている。

一方の停車は、法律的には駐車以外のクルマの停止を言う、とあるだけであっさりだが、駐車の逆ということで、5分以内ですぐに発車できる状態にあるのが停車と考えていい。

ここで話が終わってしまったら、教習所のおさらいだ。問題は実際のところとくに停車で、停車禁止というのは交差点付近以外は、止めるのが危険な幹線道路沿いなどで、それほど多くはない。

日々、誰かを迎えに行って駐車禁止の場所で待つなどということをやっている人もいるはず。停車だからいいだろうというのが理由なのだが、それでも違反とされることがありうるのだ。理由は人を待っているということは、すぐに出発できないから。

また携帯電話での通話のために路肩に止めて、というのもマナーがよくて、法律に基づいている気がするが、これも電話で話している以上、すぐには出発できないだろうと判断されかねない。

実際、「運転者が乗っていても違反になります」という立て看板があるところもある。ここまでシビアだとホントに取り締まりをしているか疑問だが、法律の定めがあっさりしているがゆえの拡大解釈なのかもしれないが、とりあえず止めるときは周囲を確認しつつ、交通の流れを阻害しないようにしたい。

(文:近藤暁史)