母親がある虫を飼っていたところ、1年後に衝撃的な勘違い(?)が発覚した――こんなツイートが2016年7月19日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どんな勘違いが発覚したのか、見てみよう。

クワガタ好きの母親が、数年前に発見した雌のクワガタ。カゴを購入しエサも与え、愛情を注ぎながら育てていたのだが、そんな生活が1年以上が経過した頃、弟がたまたま図書館で借りてきた図鑑に、母親が可愛がっているものとそっくりで、クワガタとは違う虫を見つけてしまったという。その名は――「ゴミムシ」。同じ甲虫の一種であり、確かによく似ているのだが、よく見るとクワガタは触角が"く"の字に曲がっており、先が歯ブラシのようになっているという違いがある。画像で見ても区別がつかないほど似ているため、これは勘違いしてしまうのもやむを得ないことかもしれない。

メスのクワガタ(MIKI Yoshihitoさん撮影、Flickrより)

こちらはゴミムシの一種(Donald Hobernさん撮影、Flickrより)

確かに似てますね〜。私には正直区別できません!1年以上愛情を注いでいたわけですから、お母さまのショックも大きかったのではないでしょうか?(ライター:a rainbow)