米国財務省が15日に発表したデータによると、中国は6月に米国債32億ドルを売却したが、引き続き世界一の米国債保有国だった。資料写真。

写真拡大

米国財務省が15日に発表したデータによると、中国は6月に米国債32億ドルを売却したが、引き続き世界一の米国債保有国だった。新華社が伝えた。

6月末現在の中国の米国債保有残高は1兆2408億ドル。同じ月に日本は米国債145億ドルを購入し、保有残高は1兆1477億ドルになった。

6月末現在、海外主要債権者の米国債保有残高は約6兆2810億ドルで、5月末の6兆2099億ドルを上回った。(提供/人民網日本語版・編集/KS)