動作が極めて俊敏な63歳の老人が、30秒間に鉄棒を360度回転する技を30回以上やってのけた。

写真拡大

動作が極めて俊敏な63歳の老人が、30秒間に鉄棒を360度回転する技を30回以上やってのけた。ネットユーザーの「小野_Yeah」さんはこのほど、微博(ウェイボー)上に動画を投稿した。この動画では老人が力強い技を披露すると、周りで観ていた人々がひときわ大きな喝采の声を送っていた。福州晩報が伝えた。

投稿したネットユーザーによると、この動画は12日、福建省福州市鼓山展望台の近くで撮影されたものだという。動画では両腕にプロテクターを着けた老人が、俊敏な動作で鉄棒にぶら下がり、腕の力だけで鉄棒を回転していた。

「……28、29、30。」。老人が回転し続ける間、周りの見物人たちが数をカウントした。30回目を回り終えると、老人はゆっくりと動きを止め、落ち着いた様子で鉄棒から下に降りた。動画では事情を知る人によって、この老人が63歳であることが紹介されていた。

「達人は民間にもいる。その腕は五輪の金メダリストと比べても決して遜色ない」。運動をこのなく愛するこの鉄棒老人は、ネットユーザーに深い印象を残した。(提供/人民網日本語版・編集KM)