8月17日は「黒ネコ感謝の日」! “貰われにくい” 黒ネコたちに新しい家族を作るための日なんだゾーーーーー!!

写真拡大

みなさん、本日8月17日は「黒ネコ感謝の日」です。大丈夫? 忘れていませんか? 白でも三毛でも、茶トラでも、キジでもサバでもない、黒ネコさんだけの特別な日なのだ!

でもどうか、「ネコは平等。黒ネコだけ特別扱いは良くないなあ」と眉をしかめないで頂きたい。この日が制定された背景には、悲しい理由があるのだ……。

・黒ネコは、他のネコに比べてもらわれにくい?

世界中に存在する動物保護施設。捨てられたり、虐待された動物たちを保護し、新しい家族を探す場所だ。しかし全ての動物が等しく家族を見つけられる訳ではない。

動物の種類や年齢、毛色などによって、「新しい家族が出来やすい場合」と「出来にくい場合」にわかれてしまうという。特に海外では、黒ネコは「新しい家族が出来にくい」ことが多いようだ。

・黒ネコの良さをもっと知って!

一体なぜ? その理由として、『英国王立動物虐待防止協会』(以下、RSPCA)は、「黒ネコは、他の色のネコより見過ごされやすい」、「黒い動物は写真写りがあまり良くないので、ネットを使った里親探しでも目立ちにくい」と説明している。

一方の『News Press.com』は、未だに「黒ネコは不吉」だと思い込んでいる人が多いという背景も紹介している。

そんな理由で、黒ネコさんに新しい家族が見つからないのは悲しすぎる! ということで、黒ネコの良さをより多くの人に知ってもらいたいと制定されたのが「黒ネコ感謝の日(Black Cat Appreciation Day)」なのだった。

・SNS 上には、たくさんの黒ネコの写真が!

8月17日が近づくと、ネット上は大いに盛り上がる。 Facebook や Twitter 、Instagram が、たくさんの黒ネコの写真であふれ返るのだ。

「ウチのニャンコも黒ネコだよ」「黒ネコ感謝の日の準備をしなくっちゃ」「黒ネコは最高」などと、黒ネコの良さがアピールされる。

・黒ネコの譲渡費を引き下げる団体も

動物保護団体も、この時期には特別なことを行う模様。例えば『アイダホ・フォールズ動物シェルター』や『ウェスト・コースト・ドッグ&キャット・レスキュー』など多くの団体が、黒ネコの家族が見つかるように、黒ネコ譲渡に関わる手数料を一定期間引き下げるようだ。

過去には、この手数料の引き下げによって、通常の3倍も多くの里親が見つかったとの結果も報告されている。

・有名ニャンコもお祝い!

また有名な2匹組のニャンコ「コールとマーマレード」も、黒ネコ感謝の日にあわせて特別動画を公開。以下のような “黒ネコにまつわる事実” を教えてくれているぞ!

「黒ネコは病気になりにくいとの研究結果がある」
「黒ネコだって年をとれば、白い毛が生えてくる」
「黒ネコの性別は、オスの方が多い」
「ハロウィン期間、黒ネコへの虐待が増える。よってその期間には、黒ネコをあえて譲渡しない動物愛護団体もある」

ちなみに8月17日を「黒ネコ感謝の日」としているのは、主にアメリカでのこと。イギリスでは毎年10月27日が「全英黒ネコの日」となっているのだとか。

しかし感謝の気持ちを表すのに国の違いは関係ないはず。ということで、今日は黒ネコに感謝しつつ、ネコたちに新しい家族が出来ることを祈ろう。まあ、毎日「ネコ様感謝の日」なんだけどね!

参照元:News Press.com、Idaho State Journal、Inverse(英語)、YouTube、Instagram
執筆:小千谷サチ

この記事の動画・画像を見る