G8041号列車が15日、大連北駅を出発し瀋陽駅に向かった。これは中国が独自に設計・開発した、100%独自の知的財産権を持つ中国標準高速列車による、初の旅客輸送だ。

写真拡大

G8041号列車が15日、大連北駅を出発し瀋陽駅に向かった。これは中国が独自に設計・開発した、100%独自の知的財産権を持つ中国標準高速列車による、初の旅客輸送だ。新華社が伝えた。

【その他の写真】

昨年6月のラインオフ以来、中国標準高速列車は完成車による実験、科学実験、無負荷運行、模擬負荷運行などの試験・検証を行ってきた。その指標は完全に標準的規範および運用の要求に合致した。

これは中国標準高速列車の安全性、快適性、各種性能・指標、運用の適応性、安定性、信頼性、製造品質が設計上の要求に満たすことを意味する。さらに専門家による審査に合格し、運行ダイヤに編入され旅客輸送の条件を満たした。(提供/人民網日本語版・編集/YF)