16日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、元卓球日本代表の樋浦令子氏が、中国での卓球選手の英才教育について語る一幕があった。

番組では「速報!卓球男子団体 史上初メダル確定」と題して、リオデジャネイロオリンピックで、水谷隼率いる日本チームが、卓球男子団体の決勝に進出した話題を取り上げた。スタジオでは、司会の坂上忍ら出演者が、試合を振り返るVTRに拍手を送った。

決勝では、世界ランキング4位の日本が、ランキング1位の中国と金メダルを賭けて争う。中国代表チームは、今大会の男子シングルスで金メダリストの馬龍(マー・ロン)と、銀メダリストの張継科(チョウケイカ)に加え、世界ランキング3位の選手が集結している。

これに、元バレーボール日本代表の川合俊一が「中国って、なんでそんなに強いの?」と尋ねると、樋浦氏は「(中国では)小さいときから、卓球をはじめる前、競技を選ぶ前から『この選手は卓球に向いてる』『この選手は違う競技に向いてる』っていうふうにチョイスして、英才教育がはじまるので」と、中国のスポーツ選手育成の実態を、語りはじめた。

続けて樋浦氏は「あとは、生活がかかってますし。小さいときから『あなた強いから、食事は良い食べ物ね。牛肉ね、豚肉ね』っていうふうに、食事も(能力によって)ちょっと違うので」「そういったところでハングリー精神が小さいときから備わってますね」と、生活に直接影響するレベルで、選手の育成をしていることを明かした。

また、女子卓球団体の話題では、世界ランキング3位のシンガポールを紹介。坂上が「シンガポールっていってもねえ、中国のかたですからね」と選手のプロフィールに触れると、樋浦氏は、シンガポール代表の3人が、中国からの帰化選手であることを説明した。

中国では、自国で代表選手になるのも狭き門で、代表になれない選手が、オリンピックなどの大舞台を経験するために、他国に帰化するのだとか。中国選手の層の厚さを語る樋浦氏の説明には、共演陣も時折、驚きの声をあげながら聞き入っていた。

【関連記事】
メダリストの山本博が五輪審判の裏事情を語る「クリーンでない部分もある」
錦織圭の銅メダルにTBS石井大裕アナが感極まって涙「歴史を塗り替えた」
ビートたけし 日本人選手のリオ五輪の快挙に「ドーピングで捕まったら笑う」