住居用洗剤+水で絞った古布で、クルクル横に拭いて、汚れを落とす

写真拡大

日ざしがまぶしいと、窓ガラスの汚れも気になる……。面倒だから、と先延ばしにしがちな窓ガラス掃除も、要領さえ分かれば意外に簡単。生活研究家の阿部綾子さんにその要領を教えてもらった。

【写真を見る】水だけで絞った古布で汚れと洗剤分を拭いていく。汚れが軽い内側は、この水拭きだけでOK

「窓の外側は、砂やほこり、排気ガスなどで汚れているので、住居用洗剤数滴を入れた水で緩めに絞った古布で拭き、汚れを緩めます。次に、水でややかために絞った古布で汚れと洗剤分を拭き取ります。内側はほこり程度の汚れなので、この水拭きのみでOK。仕上げに、古新聞を丸めたもので磨き上げれば、ピカピカ&汚れがつきにくくなります」。

新聞紙には弾力性と吸水性があるので、力を入れずに磨け、拭き残りもなし。汚れが緩んでいる雨降りの翌日や、汚れが見やすい曇りの日が、窓ガラス掃除には最適。ピカピカにして気持ちよく過ごそう。

【窓ガラスの掃除方法】

1.汚れを落とす ← 外側はここからスタート

まずは砂やほこりなどの汚れを緩めよう。住居用洗剤を数滴入れた水で、古布(古いタオルやTシャツなどでOK)を緩めに絞り、クルクルと円を描くように横に拭いていく。上から始め、水分を足しながら下へ。

2.拭き取る ← 内側はここからスタート 

水だけでややかために絞った古布で、緩めた汚れと洗剤分を拭いていく。内側はほこり程度の汚れなので、ここから始めれば OK。上の外側の拭き方と同様にクルクルと。途中で水分を足しながら、上から始めて下へ。

3.磨き上げる ← これがピカピカポイント!

ガラスの水分が乾き切らないうちに、古新聞を手に収まるくらいの大きさに丸めたもので磨き上げる。同じ所を2〜3回重なるように細かくクルクルこするのがコツ。ピカピカになり、汚れがつきにくくなる。

窓ガラスがピカピカだと、それだけで気分爽快! 億劫がらずにトライしてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】