ビバオールという棒付きアイスをご存知だろうか。新潟県の食品メーカー・セイヒョー(新潟市)が販売するイチゴ味のアイスで、なかにはイチゴソースが入っている。東北や新潟限定で販売されているので、全国的な知名度は低いかもしれない。


ビバオール(写真はすべて編集部撮影)

セイヒョーのサイトによると、ビバオールは、1970年代にしまかげ(宮城県仙台市)によって東北地方で製造されていたアイスで、当時は三角形で1本30円の当たり付きだったそう。しかし、97年に販売が終了、店頭から姿を消し幻のアイスとなった。

現在販売されているのは、セイヒョーによる復刻版。東北出身者のビバオール復活を望む声を聞き、再販へ向けてしまかげの関係者に直接交渉したと書かれている。形は三角形から四角形に、味は現代風に改良しつつも当時の味を忠実に再現した。2004年3月から東北地方と新潟県のコンビニやスーパーで再販が実現し、「懐かしの味」として親しまれている。

この感動的なエピソードを知った筆者は、ビバオールを食べたくてうずうず。東京・表参道にある新潟県のアンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」で扱っていると知り、買いに行ってみた。


表参道・新潟館ネスパス

実食、ビバオール!

お店に入ってすぐ右手にアイスの冷凍ケースを覗くと、レトロなイラストがかわいいビバオールを発見。東京までの輸送費のせいか、値段は1本110円と少々お高め。いてもたってもいられず、早速食べてみることにした。

開封すると薄ピンク色のアイスがお目見え。一口かじると、やさしいイチゴミルクの味がする。しばらく食べ進めると中から甘酸っぱいイチゴソースが登場し、味にアクセントをもたらす。初めて食べたはずなのに、どこか懐かしい味だ。復活を待ち望んだ理由がわかった気がした。


イチゴ味のやさしいアイス

ツイッターには東北・新潟限定であることに驚く声や、昔の味を知る人たちによる懐古などが多く投稿されている。

アイスのパッケージの裏には「ビバオールは『しまかげ』さんの協力で生産しております」の一文があり、セイヒョーの心意気を感じる。ビバオールはこれからも東北・新潟の人たちの「懐かしの味」として定着し続けるだろう。


「『しまかげ』さんの協力」の文字