そろそろリリースから1カ月となるゲームアプリ「ポケモンGO」。まだまだ楽しんでいるユーザーも多いことだろう。ポケストップやポケモンジムの位置についてはさまざまな情報が飛び交っており、先日のアップデート後にはアプリ起動時に「危険が予想される地域には、立ち入らないでください」という注意喚起も表示されるようになった。

 そんななか、茨城県で発見されたポケモンジムが話題となっている。

 茨城県東茨城郡大洗町の海岸にあるポケモンジムを訪れたという投稿者。しかし、ジムがあるのは、荒れ狂う海に佇む鳥居ではないか!

 こちらは「大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)」の「神磯の鳥居」。かの徳川光圀公が参拝した際に、この景観を称えたといわれている由緒ある場所なのだ。

 大きな波が打ち寄せる様子を見たユーザーからは、「日本一難攻不落なジム」「ポケモンが“なみのり”を覚えていないと行けない」といった反応が…。

 しかし、海が荒れていないときは比較的安全に近づけるそう。風景写真を撮影するカメラマンが多く集まる撮影スポットとしても人気の場所なのだとか。

 とはいえ、今日のように台風が接近しているときは大荒れ必至。ジム攻略を狙うのは、くれぐれも海が穏やかな安全時にしておこう。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら