山形土産の新定番。「だだちゃ豆」の三層仕立てプリンにリピーター続出

写真拡大

とうもろこしのような甘い香りと豊かな風味が特徴の枝豆、だだちゃ豆。山形県鶴岡市の限られた地域でしか生産されず、地元でも入手困難のプレミアムな枝豆です。「清川屋インター店」では、このだだちゃ豆を使ったオリジナルスイーツを販売。なかでも三層仕立ての新食感のプリンが人気です。

特産品専門店のカフェスペースで味わえます

清川屋は、サクランボやラ・フランスなどのフルーツ、だだちゃ豆など地域のおいしいものを素材にしたオリジナルスイーツや、山形の特産品を販売する専門店。

鶴岡インター店は、山形自動車道鶴岡インターからすぐの場所にあります。ガラス張りのスクエアな形の外観がスタイリッシュな印象。

店内には特産品や旬のフルーツがゆったりと並んでいます。一角にはカフェスペースがあり、気軽にだだちゃ豆で作ったプリンとソフトクリームが楽しめます。コーヒーやココアなどが無料で飲めるサービスもあり、嬉しいですね。

おみやげにも人気の「だだっ子プリン」

稀少な鶴岡産のだだちゃ豆を使った、豆の香りが爽やかなプリンです。実はこのプリン、手の込んだ三層作りになっています。

専用スプーンでいただけば、自然と一層目、二層目、三層目とすくえ、その違いが楽しめます。上層ではだだちゃ豆の香りがたちなめらかな食感、中層はプリンの固め方が工夫されさらにクリーミーに、下層はだだちゃ豆のペーストがしかれとろりとした舌触り。だだっ子プリンはカフェスペースで食べられるほか、お土産としても販売されています。

うっとりするほどクリーミィー♪ だだっ子ソフト

だだちゃ豆の地元ならではの、素材にこだわり手間ひまかけて作られるソフトクリーム。だだっ子ソフトは、地元の契約農家がソフトクリーム用に栽培しただだちゃ豆で枝豆ペーストを作り、お店で毎日ていねいに裏ごしし、バニラソフトとミックス。だだちゃ豆のつぶつぶ感を絶妙に残しながら、舌触りはなめらかで、クリーミィー。だだちゃ豆の風味も驚くほど豊かで、暑さが増すこれからの季節にぴったりの爽やか味ですよ。

旅の途中に立ち寄って、この地域ならではの枝豆のスイーツを楽しんでくださいね。

ことりっぷの最新記事