1


ギズモード・ジャパンより転載:入れたのを忘れるレベル。

machi-yaに出店して頂いたMAMORIOさんは、スマートフォンのネットワークとAIでなくしたモノをみつける世界最小のIoTデバイス、その名も「MAMORIO」を手がけている会社です。

MAMORIOをスマートフォンとペアリング(同期)して、無くしたくない大切なものに取りつけておくと、手元から離れた際にスマートフォンに通知が送られ、紛失した場所も地図で確認できるという仕組みです。

というわけで、実際どんな使い使い心地なのか実物をチェックしてみました!


パッケージは名刺入れサイズ。本体がちっさいだけにパッケージもコンパクトです。



パッケージの中にはMAMORIO本体、説明書、ステッカーが入ってました。



というわけで付属品チェックはそうそうに、早速MAMORIOアプリ(iOS/Android)をダウンロード。新規ユーザー登録後に、MAMORIOとの同期が可能に。スマホと近づけるだけで簡単に同期できます。



どのMAMORIOが何に使っているか分かりやすいようにカテゴリーの設定ができます。



さらに設定画面では画像の設定(端末内でもその場で撮影でも可能)や、MAMORIOに名前を付けたりと、より管理しやすいように工夫が凝らされています。



設定が完了すると、こちらの画面に。登録済みのMAMORIOの現在地や発見したMAMORIOの数などを確認できます。では、さっそく財布に入れてみます。そして...。



このようにうっかり会社の屋上に財布を忘れたとしても...。



MAMORIOがアラートしてくれるので、紛失に直ぐに気付けそうです。



最後に同期した場所が表示されるので、探すのも楽でしょう。



手元に戻ったことで、またしっかりと自動で連携してくれます。手間が無くていいですね。

ちなみに「みんなで探す」機能は、MAMORIOのアプリを入れているユーザー同士で協力して落し物を探すクラウドトラッキング機能です。オンにすると、他のユーザーが紛失したMAMORIOとすれ違ったとき、その場所をお知らせしてくれます。



MAMORIO公式サイトではリアルタイムなすれ違い情報を配信中。過去24時間で7個発見されたようです。

財布に鍵に自転車に。無くしたくない大切なものに「MAMORIO」付けてみてはいかがでしょう。

BUY
MAMORIO

3,500円


source: machi-ya

(ロバーツ町田)