100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016

写真拡大

 「いい本をもっとたくさんの人に知ってもらいたい!」という趣旨のもとスタートしたブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」が、2016年8月5日(金)から9月末にかけて、青山ブックセンター本店にて開催中だ。

 2005年より毎年夏に開催していたブックフェス「この本は本当にいい!」をパワーアップし、4年ぶりに開催したのが2015年の8月。たくさんの人から好評を得たことを受けて今年も開催される運びとなった。

 同イベントでは、「この夏おすすめする一冊」をテーマに、著者を中心に写真家、デザイナー、美術家、建築家、音楽家、ギャラリスト、学芸員、女優、翻訳家、編集者などさまざまなジャンルの人たちが選書をしている。

 「検索ではたどりつかない本との出会い」を演出するメインフェアの棚には、書籍と選書した人からのコメントがずらりと並ぶ。あなたにとっての“夏の一冊”になる本を探しにいってみては?

<選書した100人>(50音順・敬称略)
青木淳(建築家)、網中いづる(イラストレーター)、石川直樹(写真家)、磯崎憲一郎(作家)、市橋織江(写真家)、いとうせいこう(作家)、犬山紙子(エッセイスト)、植本一子(写真家)、宇多丸(ラッパー)、梅津庸一(美術家)、越前敏弥(文芸翻訳者)、エリイ(chim↑pom/アーティスト)、大澤聡(批評家)、大友良英(音楽家)、大宮エリー(作家)、岡田裕子(美術家)、岡戸絹枝(編集者)、岡本欣也(コピーライター)、岡本光博(現代美術家)、岡本仁(編集者)、沖潤子(刺繍アーティスト)、落合陽一(メディアアーティスト)、甲斐みのり(文筆家)、鏡リュウジ(占星術研究家)、頭木弘樹(文学紹介者)、片岡義男(作家)、金子靖(編集者)、金原瑞人(翻訳家)、甲谷一(グラフィックデザイナー)、神藏美子(写真家)、亀山達矢・中川敦子(tupera tupera/絵本作家)、河内タカ(編集者)、菊池亜希子(女優)、岸政彦(社会学者)、北川フラム(アートディレクター)、木村俊介(インタビュアー)、キュンチョメ(アートユニット)、工藤健志(青森県立美術館学芸主幹)、窪美澄(作家)、鴻巣友季子(英語文学翻訳家)、甲野善紀(古武術家)、
小橋めぐみ(女優)、小林エリカ(作家)、小林忠(岡田美術館館長)、齋藤陽道(写真家)、最果タヒ(詩人)、サエボーグ(アーティスト)、酒井駒子(絵本作家)、坂口恭平(建築家)、佐久間久美子(ライター)、佐々木敦(批評家)、佐藤文香(俳人)、佐藤卓(グラフィックデザイナー)、佐藤良明(アメリカ文化研究家)、佐野研二郎(アートディレクター)、三辺律子(英米文学翻訳家)、柴田元幸(翻訳家)、嶋浩一郎(クリエイティブディレクター)、島田潤一郎(夏葉社)、島本了多(工芸家)、清水高志(哲学者)、白石一文(作家)、辛酸なめ子(コラムニスト)、吹田良平(株式会社アーキネティクス代表取締役)、末井昭(作家)、菅付雅信(編集者)、菅原一剛(写真家)、想田和弘(映画作家)、鷹野隆大(写真家)、田川欣哉(takram/デザインエンジニア)、武田砂鉄(ライター)、竹原義二(建築家)、タナカカツキ(マンガ家)、たなかれいこ(食のギャラリー612主宰)、田根剛(建築家)、田村義也(南方熊楠顕彰会学術部長)、千葉雅也(批評家)、鶴岡真弓(ケルト芸術文化研究者)、天明屋尚(現代美術家)、ドミニク・チェン(情報学研究者)、鈴野浩一(トラフ建築設計事務所)、中野京子(作家)、中ザワヒデキ(美術家)、中村文則(作家)、西崎憲(作家)、根岸麻子(sunui)、橋本麻里(ライター)、服部みれい(文筆家)、ヒグチユウコ(画家)、日野原健司(太田記念美術館主席学芸員)、福嶋亮大(文芸評論家)、藤崎圭一郎(デザイン評論家)、藤村龍至(建築家)、保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)、堀部篤史(誠光社)、ホンマタカシ(写真家)、前康輔(写真家)、前田司郎(劇作家)、町口覚(マッチアンドカンパニー)、松家仁之(作家)、松本卓也(精神医学者)、三潴末雄(ミヅマアートギャラリー)、南沢奈央(女優)、宮粼裕助(哲学者)、森田真生(独立研究者)、山内マリコ(作家)、山口啓介(美術家)、山崎ナオコーラ(作家)、山崎まどか(コラムニスト)、山崎亮(コミュニティデザイナー)、ヨシタケシンスケ(作家)、渡辺浩章(鉄筆)、渡邉麻里子(パン屋タルマーリー)

■「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」
開催期間:2016年8月5日(金)〜2016年9月末(予定)
開催時間:10時〜22時
開催場所:青山ブックセンター本店
所在地:東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロアB2F

※掲載内容は変更になる場合があります。