京都の文化が集まる岡崎エリアで音楽祭「OKAZAKI LOOPS」が開催

写真拡大

 今年1月にリニューアルした「ロームシアター京都」を中心とする岡崎エリアで音楽祭「OKAZAKI LOOPS」が、9月2日から4日の3日間開催される。首藤康之(ダンス)、高木正勝(音楽)、名和晃平(アート)、広上淳一(音楽)、細尾真孝(伝統工芸)の5人がディレクターを務め、音楽ライブやダンス公演、作品展示、ワークショップなど多彩なプログラムを展開する。 【画像を拡大】

 岡崎は劇場、美術館、平安神宮、公演、動物園など京都の文化が集まる地区で、会期中はエリアに点在する各施設でイベントを開催。前夜祭の2日には、京都市交響楽団と小林武史プロデュースの「YEN TOWN BAND」がコラボレーションした演奏会を行うほか、オープニングセレモニーではバレーダンサー首藤康之と西陣織の細尾真孝による特別プログラムが行われる。また、大橋トリオのスペシャル・ライブや名和晃平が舞台美術を手がけ、ベルギーのダンサー ダミアン・ジャレや森山未來などが出演するダンスパフォーマンスなどが披露される。 プログラムの一つである特別展示「音をとらえる」では、身の回りに溢れる「音」という形の無いものを、国内外で活躍する7組のアーティストが様々な角度から捉え作品を制作。会場となるロームシアター京都で展示する。■京都岡崎音楽祭「OKAZAKI LOOPS」開催日時:9月3日(土)、4日(日)*2日(金)は前夜祭会場:ロームシアター京都、平安神宮、みやこめっせ、岡崎公園、京都国立近代美術館、京都市美術館公式サイト