ボクサーたちが「ヘッドギア」を着けなくなった理由

写真拡大

今年のリオオリンピックでは、男子ボクシングの試合でヘッドギアが廃止されている。頭を守るはずのヘッドギアは、実は脳しんとうを起こしやすくすることがわかってきたのだ。

「ボクサーたちが「ヘッドギア」を着けなくなった理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

今年のオリンピックのボクシングには何かが欠けている。お気づきになっただろうか? 男性ボクサーたちの顔が見えやすくなったのだ。つまり彼らが、オリンピックの舞台であざけたり、しかめ面をしたり、微笑んだりしているのが。今年のオリンピックでは、1984年以来初めてボクシングのヘッドギアが廃止され、よりプロボクシングのように見えるようになった。

国際ボクシング協会(AIBA)によれば、これは安全性の観点から決まったことだという。AIBAの調査によれば、ボクサーたちがヘッドギアを着用しているときのほうが、脳しんとうなどの頭部の負傷を理由にレフリーが試合を中断する頻度が高いのだという。意外にも思われるかもしれないが、ヘッドギアを廃止することでボクサーたちの安全性は増したのだ(とりわけ脳しんとうを起こしにくくなった)。

「このルール変更は、多くの人を驚かせたでしょう。もっと多くの研究がされなければなりません」と、南カリフォルニア大学のバイオメカニクスの研究者で、アメリカで使われるボクシング装具の評価にもかかわったシンシア・バーは言う。実際、女性のボクシング選手は(ヘッドギアがないほうが安全だという)データの不足により、いまだにヘッドギアを着けている。

なぜヘッドギアは役に立たないのか?

スポンジのパッドは、脳しんとうを起こしたりノックアウトをさせるほどのパンチを防ぐことはできない、ということはほとんどの人が認めている。パンチが強ければ、スポンジがエネルギーを吸収する能力を超えてしまうのだ。「そうするとヘッドギアの効果が減り、役に立たなくなってしまいます」と、オタワ大学で頭部の負傷を研究しているブレイン・ホシザキは言う。

たとえヘッドギアをしていても、ボクサーはあごへのパンチには弱い。あごへのダメージは頭を素早く揺さぶり、脳しんとうの原因になりやすい。「ボクサーは、ノックアウトを取るには相手の頭を回転させる必要があると知っています」。南カリフォルニア大学のバーは言う。「ジャブは(ノックアウトのためには)あまり効かないのです」。脳は液体の中にあり、頭部が素早く揺さぶられれば脳も揺さぶられ、組織が伸縮する。これが脳しんとうを引き起こすのだ。

しかし、なぜヘッドギアの装着が脳しんとうを起こしやすくなるのか? AIBAは、いくつかの理由を推測している。ひとつはヘッドギアで視界が狭まること。これによってボクサーはパンチを避けにくくなる。あるいは、ヘッドギアによって「守られている」という感覚が過剰に生まれ、ボクサーたちはよりリスクを犯しやすくなるのかもしれない。さらに、ヘッドギアによってボクサーの頭をより大きなターゲットにしてしまうのだ。

China's Zou Shiming fights Thailand's Kaeo Pongprayoon during their Men's Light Fly (49kg) gold medal boxing match at the London Olympics

2012年ロンドンオリンピック 男子ライトフライ級決勝。中国の鄒市明(左)とタイのケオ・ポンプラヨーン(右)。2012年8月11日撮影。PHOTO: REUTERS/AFLO

見えないダメージ

しかし、もうひとつ考えるべきことがある。脳しんとうは、ボクサーが受ける唯一の頭部の負傷ではないということだ。

「頭部への繰り返しの衝撃が引き起こす長期間の影響は、(脳しんとうを起こすほど強くはない)数多くのブローによるものかもしれません」と、クリーヴランドクリニックの神経学者チャールズ・バーニックは言う。バーニックは、2011年以来プロボクサーと総合格闘技のファイターたちを調査し、脳しんとうの報告をしなかった選手の脳にも、MRIスキャンで見える脳の損傷があったことを発見した。

これらの脳しんとうに及ばないブローは、すぐに明白な症状を引き起こすことはないものの、時間を経て慢性外傷性脳症(CTE)を発生させることがある。「脳しんとうが起これば、見て診断することができます」とホシザキは語る。「難しいのは、症状が見えたり、感じたりしないときです。怖いのはこの部分です」

ヘッドギアは、これらのブローの影響をいくらかは和らげるかもしれない。しかし、これは研究するのが難しい。弱いブローが、実際にどれほどのダメージを与えているのかを測定するのは難しいからだ。人それぞれの頭の構造や首の筋肉組織は違うので、同じパンチを受けても、人によって損傷の有無は変わるだろう。

プロボクサーのブランド

AIBAの最後の「A」はその名前に「アマチュア」があったときの名残だが、彼らは近年、もっとプロボクシングの要素を取り入れていきたいと考えている[AIBAはもともと、国際アマチュアボクシング協会(Association Internationale de Boxe Amateur)として始まっている。2006年、名称から「アマチュア」を外し「国際ボクシング協会」に改めたが、略称はいまでもAIBAを使っている]。協会はまた、今年のオリンピックに向けてほかにも変更を行った。得点システムをプロボクシングのものと一緒にし、試合にプロも参加する資格を与えたのだ(リオで出場するプロ選手は3名のみ)。

ヘッドギアの科学についてはまだまだわかっていないこともあるが、プロにはヘッドギアを使わない、しっかりとした理由がある。「彼らは自分たちのブランドを売り込もうとしているのです」とバーは言う。「顔こそが彼らのブランドなのです」

RELATED