女性の脚の魅力とは(写真:アフロ)

写真拡大

 夏に注目したいもの──大人力コラムニストの石原壮一郎氏が満身を込めてお勧めするのが「ひざの裏」だ。

 * * *
 たとえば「ゴーヤ」という食べ物は、子どものころはその存在さえ知らなかった人が多いのではないでしょうか。しかし今は、夏に欠かせない食材になっています。あのほろ苦い野菜の魅力を知ったことで、私たちの人生はより豊かになったと言えるでしょう。

 そう、魅力を感じる対象が広がれば広がるほど、私たちの人生はより豊かになり、より幸せになれます。女性に向ける視線や関心も同じ。胸やお尻は確かに魅力的かもしれません。しかし、メジャーなパーツに心躍らせてそれなりに満足し、新たな可能性を切り開こうとしないのは、大人の男としていささか怠惰な姿勢です。

 季節は夏。足を出して街を歩く女性が増えるこの時期に、私たちがしっかり着目したいのは「ひかがみ」です。漢字で書くと「膕」。ひざの裏のくぼんだ部分のことで「膝窩(しっか)」とも言います。その部分を深く愛し、強くこだわるマニアも少なくありません。

 人も女性の体のパーツも、名前を知ることは深い理解への第一歩。あなたが「ひかがみ」という雅な響きの名前を知らず、単に「ひざの裏」としか思っていなかったとしたら、上りのエスカレータで女性のひかがみが目の前にあったとしても、その美しさを鑑賞しようという発想はなく、視線をすぐに足首やお尻に移していたでしょう。

 しかし「ひかがみ」という名詞を知った今日から、あなたの人生は変わりました。上りエスカレータでひざから下を出した女性が目の前に立ったら、じっくりとひかがみを鑑賞したくなるはず。たくさんのひかがみを凝視するうちに、くぼみ方や肉の付き方、太ももやふくらはぎとのコントラストなど、個性の違いに気づくことができるでしょう。

 まっすぐ立った状態では、ひかがみは両側がくぼんでいます。中央のふくらみを形成しているのは、ひざの関節の後部でXの形に交差して、大腿骨と脛骨をつないでいる「前十字靭帯」と「後十字靭帯」。ひかがみを見つめながら「ああ、手前で斜めにふくらみを作っているのが『後十字靭帯』で、その奥が『前十字靭帯』か。これからも力を合わせて、彼女の歩みを助けてくれたまえ」と勝手に励ますのも一興です。

 足の裏はちゃんと土踏まずがあるほうが健康的だと言われているように、ひかがみも両側がきっちりくぼんでいるのが理想の形。くぼみが美しいひかがみに出合ったら、心の中で手を合わせて「ああ、いいものを見せてもらった」と感謝しましょう。その際、追い越してさりげなく顔を確認するのは大人としてタブーです。感謝の気持ちが台無しになる可能性もあるし、顔が好みじゃなかったとしてもひかがみに罪はありません。

 剣道や弓道においては、ひかがみをきちんと伸ばしたり力を入れたりすることが重要とされています。美しいひかがみの持ち主に対して「この女性は弓道をやっていたに違いない」と決めつけ、弓道着姿で弓を手に的を狙っている光景を想像してみるのもまた楽し。ただ、知り合って仲良くなった女性のひかがみが美しかったとしても、「もしかして、学生時代に弓道か剣道をやってた?」と尋ねるのは禁物です。なぜそう思ったかを説明すればするほど気持ち悪がられるでしょう。

 また、東洋医学では、ひかがみの中央には「委中(いちゅう)」というツボがあるとされています。慢性的な腰痛があるときは、気持ちよく感じる程度の強さでゆっくり何度も押すと症状がやわらぐとか。パートナーが腰痛に悩んでいたら、うつぶせにしてやさしく押してあげましょう。必ずしも美しいひかがみとは限りませんが、「委中」を押したときの指の感触を記憶しておくことは、今後のひかがみ鑑賞活動に深みをもたらす効果がありそうです。

 さあ、街では無数のひかがみがあなたを待っています。「ポケモンGO」のモンスターをゲットするのも楽しいですが、鑑賞することによるひかがみのゲットも男に生まれた喜びを感じさせてくれるでしょう。念のため申し上げておきますが、上りエスカレータでひかがみを見つめるのはセーフですけど、語呂が似ているからといって手鏡を取り出したら即座にアウトです。いや、そんなことする人はいませんね。ひかがみと手鏡のダジャレを披露したかっただけです。すいません。