建築建材、高機能ファブリックスの企画開発・輸入販売を行う(株)ピヨ(本社・兵庫県/藤岡宗三郎社長)は、このほどオランダのWidemex社と共同開発したエコスクリーンカーテン「SCREENtech」(スクリーンテック)を発表、現在販売代理店の募集を行っている。

 Widemex社は、アイロン用マットなどの高機能ファブリックスメーカーで、螢團茲脇閏卆修離▲ぅ蹈鵐泪奪箸髻⇒入総代理店としてカタログ通販等を通じ輸入販売している。今回開発した「スクリーンテック」は、このアイロン用マットの高い断熱技術を応用した、綿100%の生地と発泡ウレタン、アルミニウムシート、ナイロンメッシュという多層構造の高機能ファブリックスである。高い断熱性能を有し、またアルミニウムシートの効果で遮熱性能も高く、夏や冬でも室内を快適な温度で保ち続けられる。ホームセンターなどで販売されている簡易的な日よけシートよりも遮熱・断熱性能が高いことに加え、オランダ製ということもありデザイン性も高いのが特徴だ。
 サイズは98×175cm。デザインは2種類(今後サイズ、及びデザインを増やしていく予定)。取付けはS字フックに引っ掛けるだけ。エコテックス100取得済み。PCT世界特許出願中。

 (株)ピヨでは、「スクリーンテック」をカーテンやスクリーン類として提案する他、省エネニーズの高まる夏や冬の時期における、おしゃれな遮熱・断熱対策スクリーンなど新しい切り口の窓装飾品としてカーテン専門店などに提案していく考え。
 問い合わせは(株)ピヨ(TEL:078-741-8078)まで。