10秒01の自己記録を持つ桐生祥秀と、12年ロンドン五輪に続く代表で今年は自己記録を10秒06に伸ばした山縣亮太。そしてジャマイカ人を父に持ち、今年一気に頭角を現して自己記録を10秒10まで伸ばし、6月の日本選手権では初優勝と勢いに乗っているケンブリッジ飛鳥の3人が出場した、リオデジャネイロ五輪の陸上競技男子100m。"史上最強"とも称されて期待を集めた彼らの決勝進出の夢は、残念ながら厚い壁に阻まれて、4年後の東京大会へと持ち越しになった。

 その戦いの中で、まずまずの結果を出したのが山縣だった。予選第8組では全組の中で最も強い向かい風1.3mという条件の中、スタートから力みのない加速を見せて、7月に9秒89を出しているアカニ・シンビネ(南アフリカ)に次ぐ10秒20で2位。3位以下の記録上位者8名ではなく、着順で堂々と準決勝進出を決めた。

「緊張はすごかったですが、ロンドンの緊張を思い出して『また帰って来たよ』とつぶやいていました(笑)。レースは集中してスタートできていたかなと思います」

 こう話した山縣だが、準決勝には高い壁が立ちはだかっていた。山縣が入った第2組はウサイン・ボルト(ジャマイカ)に加え、昨年の世界選手権で同着3位になったアンドレ・ドグラス(カナダ)とトレイボン・ブロメル(アメリカ)が揃っていて、決勝への着順進出2位以内は極めて厳しい状況だった。さらに第1組では、3位までが9秒台を出していて、いきなり決勝進出には9秒台が必要という現実も突きつけられた。

 そんな中でも山縣は、臆することなくスタートから隣のコースのブロメルとほぼ同時に飛び出した。中盤以降は実力者たちに襲いかかられて先行を許したが、力んで崩れることもなく、勝負に参加する走りをして5位に食い込んだ。記録は自己ベストの10秒05。9秒台には届かなかったが、3位のプラスで決勝進出を果たしたブロメルとは0秒04差。五輪の緊張感と強豪たちに囲まれる圧迫感の中でも、しっかりと自分の走りをした結果だった。

 このレースを山縣は、「予選でスタートのいい感覚をつかめていたので、トップスピードになる位置を少し先に伸ばすことを意識して、その通りにできてよかったです。結果としてこの舞台で自己ベストを出せたことは誇りに思うし、4年前の五輪の記録を超えられたことは素直にうれしい。ロンドンでは『世界はまだ1歩先だ』と感じましたが、今回の準決勝では半歩先くらいまでに縮まったと思う」とポジティブに捉えた。

 昨年の秋からウエイトトレーニングでも新たな取り組みをしているが、「今回の結果でそれが正しいことが証明できたのもうれしい」と語る。これからさらに、その練習を継続して成長していきたいという山縣にとっては、自身の目指すべき道筋を明確にさせる大会になった。

 一方、予選では2位という力みのない走りで準決勝進出を果たしたケンブリッジ飛鳥は、準決勝で優勝を狙うジャスティン・ガトリン(アメリカ)やロンドン五輪銀のヨハン・ブレイク(ジャマイカ)などと同組になった。

 しかし、予選とは打って変わって、トップスプリンターの圧力に飲み込まれてしまった。スタートで隣のレーンのガトリンが素晴らしいスタートを切ると、少し遅れたケンブリッジは硬くなってしまい、最後までそのガチガチに固まったような走りを修正できずに終わった。

「ガトリンのスタートが速いというのは分かっていたのですが、いざ遅れると硬くなってしまった。ウォーミングアップもよかったので行けるかなと感じていたけど、『ここが勝負だ』という思いも強く、そのあたりが影響したのかもしれない」

 持ち前の柔らかい走りをさせてもらえなかったケンブリッジは、予選よりタイムを落とす10秒17で7位。

「世界のトップ選手と走るのは初めてなので、その意味ではいい経験になったと思います。準決勝は悔しい結果だったけれど、もっとやれそうな手応えはあります。4年後の東京五輪ではファイナルに残りたいと思うし、9秒台を出した状態で五輪に出られるようにしていたいと思います」

 ケンブリッジは続けてこう語った。

「これまで200mもやりたいと思っていたけど、今は100mをもっと突き詰めたい気持ちにもなりました」。元々200mの方が早く結果を出していたこともあり、得意種目という思いもあったが、リオ五輪の準決勝の悔しさでその思いにも変化が起きたようだ。

 そんなふたりに比べ、悔しい思いのみで終わったのが桐生だった。予選は第7組で、いきなりボルトと同組という厳しい組み合わせになった。それに加えて、第4組のケンブリッジが2着で準決勝進出を決めていたことも影響したのだろう。スタート後の一歩目から力んだような走りになってしまい、10秒23で4位。彼らしいところをまったく出せず、あっけなく予選敗退となってしまった。

「五輪までの1年間はいろいろあって、その集大成となる五輪がこの結果だと思うので、自分はまだまだだという感じです」

 昨年は肉離れで8月の世界選手権出場を逃した桐生だが、秋に復帰してからは順調に見えた。しかし、春先に調子を落としたかと思えば、6月の布施スプリントで10秒09を出し、続く日本学生個人選手権では自己タイの10秒01を出す好調さも見せるなど、波のあるシーズン前半でもあった。その不安定さがこの五輪で出てしまったと言える。

 表情を見ていると、13年に10秒01を出して以来注目され続け、9秒台への期待をひとりで背負ってきたことでの精神的な疲労感も見え隠れする。彼自身が「日本一は自分でありたい」という自負があるだけに、日本選手権が自分らしい走りさえできずに3位に終わった悔しさも大きい。そのトップの奪還を意識し過ぎたことで、自分の心のリズムも崩してしまったのかもしれない。

 その意味でも、この大会の予選敗退という結果とその悔しさが、彼がまたひとりのスプリンターとして挑戦する立場に戻れる契機となればいいのだが。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi