気になるほうれい線さえなかったら......

写真拡大

こんにちは。三軒茶屋で女性の為のプライベートオーダーメイドメンテナンス鍼灸院の「アムラス鍼灸」を経営している美月綾乃です。

連載10回目のテーマは誰しも年齢とともに気になるほうれい線解消についてです。

「最近夕方になると、ファンデーションがほうれい線の溝に埋まってしまう」
「電車の窓に映った自分の顔を見ると、ほうれい線くっきりでたるみまくっている」

なんて経験ありますよね。でも、それらはほうれい線が刻み込まれてきていくサイン。今からでも遅くない、ほうれい線解消の筋肉トレーニングとツボ押しをお伝えしていきます。

作り笑顔にご用心

加齢とともに衰えてくる「表情筋」。実は、作り笑顔も原因のひとつです。

作り笑顔とは上くちびるを上げない笑顔、つまりは口角を横(や下)に引っ張って笑う状態のこと。作り笑顔の時に使わない筋肉がどんどん使われなくなることで、たるみからくるほうれい線をつくりやすくなってしまうのです。

そもそも、笑うことは、大きく分け2つの顔の筋肉を使います。大頬骨筋(だいきょうこつきん)と、小頬骨筋(しょうきょうこつきん)です。これらの筋肉は、頬から、口角際に付着している筋肉。

まずは、しっかりそれらの筋肉を使えているかチェックしましょう。

口角の横に薬指中指人差し指の3本をおいてください。その状態で微笑んでみたときに、3本の指はどの方向に動きましたか? 上に動いた人は、正常!下や横に動いた人は、表情筋をうまく使えていません。

表情筋をうまく使えていない人は、口の中のマッサージと、頬のトントン筋膜マッサージを試してみましょう。

◆口内マッサージ

1 片方の手でほうれい線がなくるようにたるみがないくらいまで頬を持ち上げる
2 今度は反対の手で口の中を口角の裏からその周りを痛気持ち良いくらいの圧で全体的にマッサージ
3 固い部分は硬さがとれるくらいまでマッサージ!(左右差がある場合は硬いほうを重点的に)
4 口角の周りが全体的にほぐれたら、口内をほうれい線の部分から頬の奥のほうまでマッサージして、口の中の硬さを取る

◆頬トントン筋膜マッサージ

1 片方の手で法令線がなくなるようにたるみがないくらいまで頬を持ち上げる
2 反対の手で目の下から頬の部分を全体的にいた気持ち良いくらい軽くトントンタッピング! 全体的にトントンすることで硬くなった筋膜もほぐすことができます

またツボ押しも毎日することで更に効果につながります。

ほうれい線に効く3つのツボ

◆ほうれい線に効くツボ

○地倉(ちそう):口角の外側 → たるみの原因の一つである胃の経絡。大頬骨筋の付着部部分/口角の横の硬くなった部分を指で気持ち良いくらいの圧でゆっくり5秒押して5秒離してを10回。

○下関(げかん):耳の前から指2本くらい前、くぼんでいて、口を開けると筋肉が盛り上がるところ → たるみの原因のひとつである噛みしめにかかわる咬筋部分/痛気持ち良い圧でゆっくり5秒押して5秒離してを10回。

○けんりょう:目じりから下にひいた線と、頬の骨下から横にひいた線が交わる部分 → 胃の経絡、大頬筋肉部分/痛気持ち良い圧でゆっくり5秒押して5秒離してを10回。

これらの口内マッサージや頬トントン筋膜マッサージ、そしてツボ押しはどれも簡単! 1日5分以内でできるので、できる限り毎日実践してみてください。

毎日やることで、自分の顔がどうなってきているかを感じることができるとともに今日は生理前、ストレス感じているかも、最近笑えてないかも...などのバロメーターにもなりますよ。

更には頬が柔らかくなると、お顔の表情筋の硬さがとれるので、顔が軽くなります。そこで、頬を使って笑う意識もしていただくと表情筋の筋トレになるので効果的!

日々実感しながら行うことで効果が出やすくなり、ほうれい線の解消ができるだけでなく、たるみも解消していき、1年後数年後は年齢よりも若く見られるうれしい結果につながるかも。