夏の国内旅行は“プール付き温泉”でリフレッシュ!おすすめ6選/江の島アイランドスパの海に繋がるようなスパプール/画像提供:パラダイスリゾート

写真拡大

【温泉・プール/女子旅プレス】夏は南国のリゾートや山奥の涼しい避暑地への旅行がメジャーですが、プールで楽しく水遊びを満喫して、遊び疲れたら温泉でゆっくり身体を癒やし、夜は美味しい食事に舌鼓…そんな最高の過ごし方ができる、夏ならではの温泉旅行もおすすめです。今回はこの時期おすすめしたい“プール付き温泉”を6箇所ご紹介します。

【さらに写真を見る】夏の国内旅行は“プール付き温泉”でリフレッシュ!おすすめ6選

◆江の島アイランドスパ(神奈川・江の島)


都心からわずか1時間、江の島唯一の天然温泉&スパリゾート「江の島アイランドスパ」、通称“えのすぱ”は男女別、共用含め全16種類の温泉と絶景オーシャンビュープールを備えた複合施設。

温泉は直下1,500mから湧き出る天然温泉や、洞窟泉、露天泉・寝湯、炭酸泉など一度で入りきれないほど種類が豊富。

海、富士山、深緑、風、温泉…この全てを一度に満喫できる最高に贅沢なロケーションから、実際に訪れた人からの評価も高く、スパユーザーの投票で日本のトップスパを決定する「クリスタルアワード」で、4年連続“Top 10 SPA of JAPAN”の称号を受賞しています。

■江の島アイランドスパ


住所:神奈川県藤沢市江の島2-1-6
電話番号:0466-29-0688

◆ヒルトン小田原リゾート&スパ(神奈川・小田原)


神奈川県小田原市の「ヒルトン小田原リゾート&スパ」は、11種類の屋内外プールとドライおよびスチームサウナ、25mスイミングプールを備えた施設「バーデゾーン」で過ごすのを楽しみに多くのゲストが訪れます。

屋外に3種類、屋内に渦流プールや歩行運動プールなど8種類のプールを備え、ジャクジーやドライおよびスチームサウナを利用することができ、25メートルの広々としたプールでは、ストレッチ、ウォーキング、アクアビクスなどのレッスンを毎日開催。

プールサイドのベッドでのんびりするのもリゾートならではの過ごし方です。

2016年4月に完成したバーデゾーン改装により、レセプションやロッカールーム、メインのプールエリアを中心に小田原のシンボル・梅をモチーフにしたモダンなグラフィックや立体デザインを採用。メインのプールエリアの窓の向こうは、四季折々に変化する自然の風景が見えるスタイリッシュさが際立つ空間に。

新幹線なら東京駅から約35分と好アクセスなので、仕事終わりのアフター5に出発する温泉旅行にもおすすめです。

■ヒルトン小田原リゾート&スパ


住所:神奈川県小田原市根府川583-1
電話番号:0465-29-1000
バーデゾーン
営業時間:9:00〜21:00(最終受付20:30)※屋外エリアは18:00まで

◆木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭(千葉・木更津)


千葉県の「木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭」は、絶景のオーシャンビューと富士山を同時に見渡せる素晴らしい眺望に恵まれた温泉リゾート。

自慢の屋外プール「オーシャンスパ」は、開放的な青空の下、眼下に広がる太平洋と富士山とを見渡しながら温水プールで気持よく水遊びを楽しめます。

また、全長70mのウォータースライダーやジャグジー、イルミネーションの滝を備えた屋内アトラクションプールの「アクアパーク」、夏季期間のみ営業する流水プール・子ども用プールの「ガーデンプール」、そして遊び疲れた身体を体の芯まで暖める展望台浴場ももちろんオーシャンビューです。

■木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭


住所:千葉県木更津市北浜町1番地
電話番号:0438-41-8111

◆界 伊東(静岡・伊東)


温泉湧出量が毎分600リットルと全国屈指の湯量を誇る源泉を、全館かけ流しで楽しめる星野リゾートの「界 伊東」。香りの良い古代檜の大浴場や、伊豆の海の幸を味わう会席料理が美味しいと評判です。

こちらの施設屋外にある源泉プールは、4種の源泉を注ぎ入れることで一年中30度前後の適温をキープ。プールサイドのパラソルの下、季節の花が彩る日本庭園を眺めながらのんびり過ごしたり、夏は夜間も源泉プールが解放されるので、星空の下で水遊びを楽しめます。

■界 伊東


住所:静岡県伊東市岡広町2-21
電話番号:0570-073-011

◆日光霧降(栃木・日光)


標高1000m、日光国立公園内の自然豊かな眺望を満喫できる「日光霧降」は例年夏になると、栃木県内最大級の大型屋内温水プール「VIVA!ハワイアン」をオープン。

流れるプールやアドベンチャープール、キッズプール、泡のプールなど全6種類のプールが楽しめるほか、ジャグジーや低温サウナ、日焼けゾーンなど大人も満喫できる設備が充実しています。

■日光霧降(にっこうきりふり)


住所:栃木県日光市所野1535-1
電話番号:0570-01126
プール10:00〜17:00(最終入場16:00)

いかがでしたか?

夏の温泉旅行は心身をリフレッシュできるだけでなく、プールで遊ぶことでストレス解消や健康増進にも効果的。知らず知らずのうちに疲れの溜まっている身体を癒やしに、友達や恋人と夏の温泉旅行へ出かけてみませんか?(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。