左上から時計回りに北川景子、橋爪功、國村隼、宇崎竜童、橋本マナミ、矢本悠馬、中村ゆり、木下ほうか、キムラ緑子 (C) 2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会

写真拡大

佐々木蔵之介と横山裕(関ジャニ∞)がW主演で、黒川博行氏の人気「疫病神」シリーズで直木賞に輝いた「破門」を映画化する『破門 ふたりのヤクビョーガミ』。この映画に新たに、北川景子、橋爪功、國村隼、木下ほうか、キムラ緑子、宇崎竜童、中村ゆり、矢本悠馬、橋本マナミの9人が出演することが発表となった。

[動画]橋本マナミは普段からノーパン・ノーブラ!『カイト/KITE』トークショー

本作は、すぐにキレるイケイケやくざの桑原(佐々木)と、口だけは達者なぐーたらビンボーの建設コンサルタントの二宮(横山)の凸凹コンビが、映画製作出資金を持ち逃げされ、失踪した映画プロデューサーの小清水を追って関西、マカオを奔走。何とか居場所を突き止めるも寸前で逃げられてしまうというストーリー。

キレた桑原によるハチャメチャな追走劇はまさかの大トラブルへ発展し、追っているはずが何者かに追われるハメに! 進退窮まった2人が生き残りをかけた大勝負に出るという風に展開していく。

北川が演じるのは、横山演じる二宮が思いを寄せる美女・悠紀役。映画では初となる全篇関西弁に挑戦する。橋爪は凸凹コンビを翻弄する小ズルい詐欺師・小清水役。國村は桑原が属する組織の若頭・嶋田役。ほかに、木下ほうか、キムラ緑子、宇崎竜童、中村ゆり、矢本悠馬ら関西出身俳優が総出演。また唯一、関西出身ではないながらも出演するのが、「日本で一番愛人にしたい女」と誉れ高い橋本マナミで、初めて愛人役でキャスティングされている。

今回の出演に北川は「激しいアクションの要素がありつつも、佐々木さんと横山さんの軽妙なやり取りがとても面白い作品でした。私はアクション部分に絡まない、お見合いばかりしているお気楽な女性の役柄ということで、平和な撮影でした。大阪弁の役をいただいたことも非常に貴重な経験でした。関西を離れてから長いので、不安な方言は方言指導の先生の音源を何度も聞いて撮影に臨みました。大阪ロケでは本場のたこ焼きを食べられて嬉しかったです。劇中は男の世界ですが、ぜひ女性の方にもご覧いただきたいです」とコメント。

橋本は「このたび玲美役で出演させていただきました。スリル溢れるストーリーに身を委ね、演じている側もドキドキしながら映画の一瞬一瞬を過ごさせていただきました。私は橋爪功さんと一緒のシーンが多く、橋爪さんのチャーミングでダンディな魅力に酔いしれながら現場をご一緒できたことはとても貴重な時間でした。役を習得する中でも難しかったのは関西弁です。私以外のキャストは全員関西出身という環境の中でちょっとのアクセントも狂いがないように練習しました。秘密を持つ役ながらも関西弁を披露しているところもぜひみていただきたいです」と述べている。

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は2017年1月28日より全国公開となる。

【関連記事】
佐々木蔵之介らが時代劇姿でウサイン・ボルトのポーズ!
[動画]佐々木蔵之介、深田恭子らが着物姿でリターン!『超高速! 参勤交代』続編
北川景子とDAIGOが結婚「笑顔のたえないロックでうぃっしゅな家庭を」
橋本マナミ、独身だと偽った昔の男に復讐「今なら家庭を壊します!」