15日、日本の一部閣僚が靖国神社を参拝したことに対し、中国外交部の陸慷報道官は「断固反対」と批判のコメントを出した。写真は靖国神社。

写真拡大

2016年8月15日、日本の一部閣僚が靖国神社を参拝したことに対し、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は「断固反対」と批判のコメントを出した。中国新聞網が伝えた。

陸報道官は「日本の一部閣僚はA級戦犯が合祀(ごうし)され、侵略戦争を美化する靖国神社を参拝した。日本政府の歴史問題に対する誤った態度を再度示すもので、中国は断固として反対する」と表明。「中国は日本が過去の侵略の歴史を正視し、深く反省するよう改めて厳粛に促す。責任ある態度で問題を適切に処理し、実際の行動でアジア隣国、国際社会の信頼を得るよう求める」とした。(翻訳・編集/野谷)