夏はアイス入りも登場♪ 大阪・天満橋のちいさなコッペパン専門店「コバトパン工場」

写真拡大

大阪・天満橋の近くにある「コバトパン工場」は、焼きそばパンや揚げパンなど、約20種類のコッペパンが楽しめる専門店。いろいろな具を挟んだり、揚げて砂糖をまぶしたりと、給食でもおなじみのコッペパンをバラエティ豊かな味わいに仕上げています。ふわふわで優しい味わいのパンは子どもから大人まで大人気です。

出来立てが並ぶ、昔懐かしいコッペパン

大阪市営地下鉄・京阪電鉄「天満橋駅」から川を渡って徒歩5分ほどの場所にある「コバトパン工場」は、コッペパンの専門店。ペンキで塗った扉や看板がかわいい、ちょっとレトロな雰囲気の外観です。
店内はコッペパンを揚げたり、具材を挟んだりしているキッチンが奥に広っていて、小さい店舗ながらさまざまなコッペパンがずらりと並んでいます。

スイーツ系から惣菜系まで20種類以上

お店では常時20種類ほどのコッペパンが楽しめます。紅ショウガも入った焼きそば入りや揚げたてのコロッケ入りなど惣菜系のコッペパンのほか、揚げて砂糖をまぶした揚げコッペパンやクリームとフルーツを挟んだ冷やして食べるコッペパンも。惣菜系とスイーツ系でパンの生地を使い分けていて、スイーツ系はふわふわで甘い生地が特徴です。

夏はアイス入りのコッペパンがおやつに人気

夏場はふわふわの揚げコッペパンにバニラアイスを挟んだ、アイスコッペが大人気。揚げたてに挟めば、温かくて冷たい、なんともいえない食感が楽しめます。お店には小窓がついているので、外から注文して、出来立てをもらって食べ歩きする人も。子どもたちにも人気のおやつです。

2階にある系列店ではイートインも可能

「コバトパン工場」の2Fには姉妹店であるヴィンテージ雑貨店「SECOND BANANA(セカンドバナナ)」があり、イートインコーナーも用意されています。ドリンクも販売しているので、テイクアウトしたパンはここでイートインするのもおすすめです。アメリカンなヴィンテージアイテムに囲まれて、ゆったりと食事が楽しめますよ。
現在このエリアにはほかにも系列店があり、チキンオーバーライスの専門店やスイーツやランチが評判のカフェなど、おしゃれなインテリアで、ゆったりくつろげます。

すぐそばにはサンドイッチ専門の系列店も

さらに今年5月「コバトパン工場」のすぐ近くに姉妹店となるサンドイッチ専門店「COBATO836(コバトハサム)」もオープンしました。こちらは、さまざまなパンを焼く工房にもなっていて、「コバトパン工場」のコッペパンもここで作られているそう。カンパーニュやベーグル、食パンなどさまざまなパンが購入ができるほか、好きなパンと具材を選んでサンドイッチを作ってもらうことができ、出来立てあつあつをテイクアウトできます。

「コバトパン工場」のほか、おいしいサンドイッチや雑貨など、かわいいお店が集まっているこのエリア。お散歩気分でぜひお店巡りを楽しんでみてくださいね。

ことりっぷの最新記事