「いくらサーカス」では、エアリアルティシューなど空中演技のレッスンが可能(撮影/西元譲二)

写真拡大

 布だけでぶら下がり、空中ブランコで宙を舞う。そんな曲芸は、プロのサーカス団員だけの世界だと思ってた。いやいや実は、普通の人が気軽にできる「フィットネス」に進化していたのだ。

 地上7メートルのスタート台まで、はしごで登る。高所恐怖症ではないが、下を見ると、幅4メートルの安全ネットがやたらと細く見えて、足がすくむ。こんな手に汗握る緊張、久しぶりだ。

「下を見ずに、遠くの木を見てください!」

 目の前に広がるパノラマに目をやる。ゆっくりと、空中ブランコのバーをまず右手でつかむ。体がぐっと下に傾く。後ろからインストラクターが腰につけた命綱をしっかり引っ張ってくれて「大丈夫ですよ」と言うものの、両手でそのバーを持つのが心底怖い。

「えい、やっ!」

 重力に身を任せると、振り子になった体はスピードを上げてスイングした。

 わ、飛んでる! なんかすごいぞ、この感覚。雑念が全て消える瞬間……気持ちいい。

 1往復し、指示に従って手を離し、命綱で安全ネットの上に降ろされた。安心のあまり腰が抜けそうになった。怖さを克服した自分を褒めてあげたい気持ち。私、やればできるやん!!

●社会性も身につく

 千葉県柏市にある「トラピーズヒーローズ」で、空中ブランコを体験した。トラピーズとは、英語で空中ブランコのことで、昨春にオープンした。初心者はもちろん、6歳から体験できる。地上で飛び立つ姿勢の練習をするだけで、すぐに空中へ。要予約で1時間3千円から。定期的に通う登録会員が現在、40人ほどいる。

 この日も40〜50代の男女が次々、空中に飛び出していた。

 週1回通う50代の女性会社員は、「初めてやった時、できなくて悔しくて。今は難しい技ができた時の達成感がたまらない」とハマる理由を話す。体が引き締まり、着られなくなった服も再び着られるようになった。

 代表の大西広嗣さんは元サーカス団員だ。

「アメリカに行った時、老若男女が空中ブランコをやるのを見て、日本でもできないかなと思って。空中ブランコはボディーコンディショニングに最適。体幹やお尻の筋肉が鍛えられ、バランス感覚もよくなる。教えてもらわないと上達できないので、社会性も磨かれます」

●「1年で10キロ痩せた」

 止まったままの空中ブランコに乗るスタイルで体験できるのが、大阪市の「いくらサーカス」だ。

 整形外科医の京文靖さん(42)と瑞恵さん(41)夫妻が、2人で支え合う技の練習を重ねていた。

「夫はすごく太っていたんですが、1年前からやり始めて10キロ痩せました。私はやせすぎだったんですが、筋肉がついて、着こなしも変わりました。スポーツジムは単調で飽きますが、これは飽きないんですよ」(瑞恵さん)

 夫妻は今、動画サイトを見ては、「こんなのできるかな?」と挑戦する。ふたりの後ろ姿の筋肉は、ハンパない。

 いくらサーカスには、空中ブランコ以外にも「おばちゃんサーカス」という初心者クラスもある。私も、女性2人と体験させてもらった。

 まずは準備体操。逆立ち、3点倒立、でんぐり返り、後ろでんぐり返り、開脚前転といったマット運動を補助つきで繰り返す。後ろ回りがものすごく怖い。小学生時代にはできていたことが今、こんなざまなのが悔しい。

 続いて、天井からつるされた布に足を絡めて、天井まで登っていく「エアリアルティシュー」に挑戦した。

 通い始めて1年の川野しおりさん(43)は、7メートルをスイスイ上がる。通って4カ月の福崎央子さん(47)も、時間はかかったものの天井まで上がれた。でも、私は全く上がれない。腕がプルプル震える。上腕に力がなさすぎる。愕然とした。

 住宅街にある元鉄工所を改造して昨年5月にオープンしたいくらサーカスには、ほかにもさまざまなサーカスレッスンができる特殊な設備が、こぢんまりとしたスペースに多種そろう。入り口のシャッターを開けてレッスンしているので、下校途中の子どもが気軽に見学するなど、下町の風景にすっかりなじんでいる。会員は30〜40代の女性を中心に約70人。幼児から通える「親子でサーカス」や、小学生向け「キッズサーカス入門」などもあり、うち25人は子どもだ。

「サーカスのいいところは、信頼関係がないとできないところですね。お互いのことを考えて初めて、ひとつのことができるんです」

 と、代表の谷川育子さん。確かに、子どもたちものびのび動きながら、人のすることを見て安全に気を配っている。小さいうちからこんなことができるようになれば、人への配慮も身につくだろう。

●プロになった卒業生も

 エアリアルティシューをはじめとするサーカスフィットネスが体験できるスタジオが増えたのは、ここ数年。東京・錦糸町にあるスタジオ「エアリアルジム・くぅ」を運営する「エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト(AADP)」の代表、若井田久美子さんは、その先駆け的存在だ。

 2002年からフランスで技術を学び、05年に日本で初めてのエアリアル専門スタジオをつくった。門下生の中には今、シルク・ドゥ・ソレイユのショーに出演する人もいるなど、活躍の場が増えている。そんな先輩たちに続こうと、将来を夢見る子どもが多く通う。

 若井田さんは、シニア向けのサーカスフィットネスも考案した。天井からつり下げた布にぶら下がるなどして、ストレッチ、筋力トレーニング、リラクセーションが一度にできる「ライレア」だ。姿勢や骨格の矯正効果も期待できるという。

 埼玉県川口市の「タタミスタジオ」代表、たむらひろしさんは、「エアロ・ヨガ」の運営を12年に始めた。身体を逆さにする効果を学術、医療の両面から研究した成果を生かしたという。

●逆さの体勢で血流改善

「特に女性は年齢とともに内臓を支える筋肉や筋膜が弱ってきて、胃が下がりやすくなったり、骨盤底筋のゆるみから尿漏れを起こしたりするのですが、逆さになると内臓の位置が戻り、筋膜を鍛えます。また、リンパ液や脳脊髄液、血液の流れも、逆さになるとよくなる。左右や上下が変わることでボディーマッピングが変わり、頭の体操にもなります」

 木と畳のスタジオという環境も、リラックスしやすい雰囲気を醸し出している。ポイントは、逆さになった時、いかに全身の力を抜けるか。バランスが悪いと、体は揺れ続ける。自分の精神と健康状態が反映されているように思えてならない……。

 エアロヨガを体験してわかったが、天井からつるされた布を腰や足の付け根に巻くとき、食い込んでかなり痛い。でも、2〜4週間に1回のレッスンを2、3回繰り返すうちに慣れるという。

 さて、そんなサーカス体験を経た数日後。かなり筋肉痛はあったものの、おや? 二の腕にあった肉がすっきりしているではないか?! 女性は年を重ねると、わき周りのボディーラインがもたついて、夏場の薄着は後ろ姿が心配になる。そんなハミ肉が少し気になり始めていた矢先だっただけに、痛みも吹っ飛んだ。

 心や体の贅肉を取りたくなったら。余計な雑念を払いたくなったら。そして、自分の限界を超えたくなったら、1時間半のサーカスフィットネス。自信を失いかけている人はぜひ、一度体験してみてはどうだろう。(ライター・西元まり)

AERA 2016年8月22日号