最近は外出先でも、キレイでゆったりしていて、ホテルのような女子トイレもたくさんありますね。お手洗いもリラックスする場所になりつつあるのかも。ただ、キレイだからといって油断してはいけません! 女子トイレでおきた怖〜い話、いってみます!

流れていく●●!?

ポケットにスマホを入れていたことを忘れて、お水にポチャン!? ……パンツ派の女性なら、誰しもヒヤリとした経験があるのでは?
そのほか、華奢なミュールで和式トイレをまたいだときに、ぽろりと落ちて……なんて事故も漏れ聞こえてきます。

ガウチョ・スカーチョでどうしろと!?

相変わらず流行中のガウチョ、スカーチョ。通常のパンツと違って、足のどこにも留まらないので、洋式トイレでも和式トイレでも床にスト〜ン! と落ちる危険をはらんでいます。ウエストがゴムのものは、ゴムの部分を裏返すように下げて裾を留めてしまうことができますが、そうでない場合、四苦八苦せざるを得ません。

手が離せないところで! 本当の不意打ち

ドアの上の方に荷物をかけるフックが付いている構造のお手洗いって、多いですよね。ただしお気を付けを! ハンドバッグをフックにかけて、用を足していたら、上からニュッと手が伸びてきてバッグをとられた!! という犯罪も発生しているのです。
ひどい場合には、「背を向けていたから、バッグがなくなっていることに気付かなかった!」という人も。

どうしてそんな物を……

男女共同のお手洗いで気にしておきたいのが、生理用品を捨てるゴミ箱。信じたくありませんが、捨ててある使用済みのソレを持ち帰る人がいるのだとか……。もうなにも言えません。

一番怖い……! 盗撮

女子にとって不愉快極まりない盗撮。それもトイレに入っているときです。
原始的なものですと、トイレの下からスマホが差し入れられたとか、前の個室の上からスマホが覗いていたという怖ろしい犯行から、凝ったものですと個室の上にある換気扇のような網の裏にスマホが仕込まれていたという犯行も。
トイレに入ったときには、天井やドアの隙間、不審な紙袋などがないか、ひとまわり確認することをオススメします。
また、最近ではどこでも写真を撮りがちですが、お手洗いでの「カシャ!」というカメラの音は、まわりの人をドキッとさせてしまうことがあることに配慮できるといいですね。

いかがでしたか? 個室という構造と、どうしても不意を突かれがちなタイミングであることから、お手洗ってじつは気の抜けない場所なのです! みなさんぜひ気をつけてくださいね!