脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳か  らみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子  ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。 【脳研工房HP】  www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』や、『0歳からみるみる賢くなる55の心得』などが大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響!アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。
今回は、怒りの程度を“5段階”に分け、数字に興味を持たせる方法を著者に紹介してもらおう。

カヨ子式みるみる
算数力がアップする言葉がけ

 カレンダーも時計も、私は「算用数字のはっきり書かれたもの」を選び、息子たちに見せ、会話の中にもあえて数を入れるように心がけました。

「時計の長い針が5のところへくるまで、10分待っていて」と具体的に言い、あやふやな「ちょっと」「すぐ」などの時間差は、母子に通じる暗号のようなものだということを、息子たちが理解してから使いました。

 また、数字を書くときも、漢字やカナ文字と同じように正しく書くように言い、「やせっぽちの7」や「太っちょの5」などは認めず、字に大小はない、「1」も「9」も同じスペースに書くように命じました。

 それができないうちは、字など書かなくていいと思っていました。

 数字を横に続けてくっつけて書くことにも、

「そんなにくっつけると、数えられないほどの数になるんだよ」

 と注意して、位どりがわからないのに、親の欲目で勝手に読みとってほめてやることは絶対にしませんでした。
   
 また、細長いカードに0〜9までをひと組にして何組もつくり、そのカードで遊びを工夫しました。

 電話番号や、スポーツのスコアなどをマネて並べたり、バスの行き先などをカードでつくるうちに子どもは、「記号としての数」と、「ある大きさの意味を持つ場合の数」の存在を知ります。

 カードを整理するときも、「0〜9」までをひとまとめにして「1〜10」とまとめないとすると、そのときの知能の程度を計り知ることができます。

 計算などできなくても、お菓子を分けるときに3人だと分けにくいとか、大きそうなものひとつと小さいもの2つと、どちらが得かなど、直感的にわかることのほうを高く評価しました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)