皮がほんのりピンク色でかわいい♪ 「岩下の新生姜」が宇都宮餃子になっちゃった / 香りがさわやかでサッパリ食べられるんだって

写真拡大

新生姜への愛が止まらない会社といえば、「岩下の新生姜」でお馴染みの岩下食品です。

巨大な新生姜風のクリスマスツリーや、特大サイズの新生姜ペンライトなど、どれもこれもスゴいインパクトですよね。

お次は、「岩下の新生姜」を使った宇都宮餃子が登場したもよう。皮がほんのりピンク色のサッパリ餃子、めちゃめちゃおいしそうです!

【「岩下の新生姜」の餃子だよ!】

「生姜餃子〜岩下の新生姜使用〜」は、宇都宮餃子 豚きっき(とんきっき)と岩下食品が共同開発した冷凍餃子。

餡には栃木県産の豚肉とニラ、コマツナ、タマネギのほか、細かく刻んだ「岩下の新生姜」がたっぷり入っており、香りがさわやかでサッパリ食べられるそう。ビールのおつまみやごはんのおかずにもピッタリですね。

餃子の皮は、「岩下の新生姜」をイメージしたピンク色のスペシャル仕様。価格は20個入りで税込1080円です。

2016年8月11日から「岩下の新生姜ミュージアム」で先行販売がスタートしていて、8月25日からは岩下食品のオンラインショップでも購入可能。一般販売は9月中旬からを予定しているとのことです。

「岩下の新生姜」がたっぷり入っている餃子とか、めちゃめちゃおいしそうなんですけど! 餃子気分だけどサッパリしたものが食べたい……なんてときによさそうですネ♪

参照元:アットプレス
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る