写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ALSOKは8月16日、「地域金融機関向けサイバーセキュリティソリューション」を同日より提供開始すると発表した。

このソリューションは外部からのウイルス侵入を監視するITを用いたセキュリティサービスと、情報持ち出しを監視する出入管理システムなど物理的なセキュリティサービスをワンストップで行うもの。

同社では、これまで地域金融機関に対して出入管理、監視カメラなど物理的なシステムを用いたリスク管理サービスを提供してきたが、さらにITを用いたサイバーセキュリティの監視サービスなどを加えることによって、サイバー攻撃と組織からの情報持ち出しの両リスクに対する少人数での対応を、ワンストップで支援する。

提供するサービスは以下の図のとおり。

サービス提供先としては、地方銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合、農業協同組合などの地域金融機関を想定している。価格は要問合せ。

同社では、初年度(2016年度)の販売目標を1億円としている。

(丸山篤)