気づいた時にはもう手遅れ!「クスっと笑える珍失言」15選。

写真拡大

米・人気深夜番組「トゥナイト・ショー」の司会者ジミー・ファロンがTwitterで募集したのは、“なんであのときあんなことを言っちゃったんだろう…”と、自分自身首をかしげてしまうような失言たち。

ハッシュタグ「#WhyDidISayThat」を見てみましょう!どれもこれも、クスッと笑えるナゾな発言ばかりなのでした。

01.

「クロークで、“あの階段で上に行けるかしら?”と聞いた。“はい!登った後は下の階にもいけますよ”と返答された」。

02.

レストランで働いていた時、一度だけ、トイレに行くお客さんに向かって「Enjoy!(楽しんで!)」と言ってしまったことがある。

03.

「床屋に行った時、スタッフに仕事は何かと聞かれたので、“広告ですよ、そちらは?”と答えた。“床屋です”と言われた」。

04.

「警察に止められて、何か見てなかった?と聞かれた時のこと。私はこう答えた。“大急ぎでシートベルトをつけてたので、何も見ていなかった”と」。

05.

「間違えてマネキンにすみませんと言ってしまった。人じゃないと気づいてこう言った。“あ、本物じゃないのか。ゴメン”って」。

06.

「パーティーでのこと。ホストと話すきっかけとして、こう切り出した。“おれもまったく同じ冷蔵庫使ってるよ”って」。

07.

「高級レストランでお茶を頼みたかったけど言葉が出てこず、“イングランド・ウォーター下さい”と言ってしまった」。

08.

「お客さんにお礼を言われたとき、“ユーアーウェルカム”と“ノープロブレム”を言おうとして、“ユアプロブレム”と言ってしまった」。

09.

「入社後1週間ほどたった頃、“Hello”と挨拶をされたときに返事を“Hi“か“Hello”のどっちにしようか迷って、“Hell”と答えて去ってしまった」。

10.

上司:週末は忙しいのか?
自分:いえ、そんなでも。

11.

「一度だけ、双子に向かって“知り合ってどれくらい?”って聞いたことがある」。

12.

「バスから降りる時に運転主へお礼を言おうとして、何故か“バーイ、ラヴユー!”と言ってしまった」。

13.

「授業中、手を挙げて質問する時になぜか“パパ”と呼んでしまった。先生は女性だった」。

14.

「過去に、妻へポットロースト(肉の塊を蒸し焼きにする料理)が大好物だと伝えた。以来、いつもそれをつくってくれるようになった。もうポットローストは嫌いだ」。

15.

「彼にソファーに座るように勧められたとき、“いいの、床の上にはしばらく座ってなかったから”と答えた」。

ハッとして口に手を当てたときにはもう手遅れ。ぼんやり後悔するものもあれば、背筋がヒヤッとするようなもの、共感できる定番ミスなどなど、Twitterでは大盛り上がり。

あなたはどんな珍失言をしたことがありますか?友だちと話してみると思わぬエピソードが飛び出てくるかも!

Reference:Angie Bays Siegers,Brigette,Stephen Angelovich,Connie Satterfield,Jody And Matt,Trevor Hancock,Molly Ligon,JV,Amanda,A Dude of Horror,Brytni Previsich,rhys,Jasmine,Mike Conrad,Kate François,THE TONIGHT SHOW