写真提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷は8月16日、同社が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」において、ユーザーの位置情報(現在地)に合わせて、店舗が誘客するためのコンテンツを配信できる新サービス「ココチラ」を開発し、8月よりサービスを順次開始すると発表した。

「ココチラ」は、「会社帰りで最寄り駅から帰宅中」、「ショッピングモール内の別のお店を回っている」など、店舗にとっての“射程圏”内に入ってきたユーザーを誘客するため、店舗の特売情報をタイムリーにプッシュ通知できる、電子手配りサービス。

「射程圏」(「ジオフェンス」と呼ばれる、仮想的な地理的境界線)を地図上で自由に設定でき、射程圏に入ったユーザーを店舗に呼び込むためのコンテンツを登録できる。射程圏内での滞在時間によって、プッシュ通知するタイミングやコンテンツの出し分けが設定でき、情報接触したユーザーが来店したかどうか、効果測定ができる(店舗内へのビーコン端末の設置が必要)。

ターゲット企業は、総合スーパー、ショッピングモール、百貨店、ホームセンターなど、商圏が広めの小売流通企業や飲食チェーン。

8月中旬〜11月末まで利用料無料のトライアルキャンペーンを実施し、イオンリテール、イトーヨーカ堂、近鉄百貨店、DCM ホールディングス、東急ハンズ、ヤオコーなどが参加するという。

凸版印刷は流通企業に対してサービスを拡販し、2017年3月末までに700店舗の導入を目指す。

(丸山篤)