写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Twitterは8月15日(現地時間)、企業やブランドがカスタマイズしたステッカーをマーケティングに活用できる「Promoted #Stickers」を発表した。

ステッカーは今年6月にTwitterに追加された機能だ。表情、動物、食べ物、スポーツ、交通関係、テクノロジー、シンボル、国旗、季節のアイテム、アクセサリーなど幅広いカテゴリーで数百種類のステッカーが用意されており、Twitterユーザーは写真ツイート用の画像加工にステッカーを利用できる。

Promoted #Stickersプログラムでは、企業やブランドが4個または8個のステッカーをデザインし、Twitterのステッカー選択画面を通じて提供できる。Pepsiがローンチパートナーとなっており、同社はPepsiMojiキャンペーンの一環として50個近いカスタムステッカーを10市場で提供するという。

ステッカーはソーシャルコミュニケーションの流行となっているが、Twitterのステッカーは単なる装飾やビジュアルメッセージというだけではなく、ビジュアルタグのようにも機能する。写真ツイートに貼られたステッカーをタップ/クリックすると、そのステッカーを使った他の写真ツイートを検索できるので、ユーザーの目を引くユニークなステッカーを提供するほどにプロモーション効果が高まるという。

(Yoichi Yamashita)