10日、韓国LG経済研究院は同日、訪韓中国人観光客の消費による韓国の経済収益に関する報告を発表した。写真は韓国の免税店。

写真拡大

2016年8月10日、韓国LG経済研究院は同日、訪韓中国人観光客の消費による韓国の経済収益に関する報告を発表した。環球時報が伝えた。

韓国メディアによると、同報告では2015年、訪韓中国人観光客の消費による間接的および直接的の経済収益額は27兆6000億ウォン(約2兆5000億円)に達し、2011年の3.2倍増となった。さらに、雇用創出面でも2011年の2.9倍増となる19万4000人の雇用を生み出した。

2015年は598万人の中国人観光客が韓国に訪れたが、中国人が好む韓国のお手頃な商品や流行音楽、映画、ゲームといった要素が今後も好まれると仮定した場合、2020年には1500万人に増加すると報告で予測している。さらに中国人観光客の消費総額は500億ドル(約5兆円)に達し、2020年時の韓国居住者の消費総額の5.7%に相当するという。(翻訳・編集/内山)