NASAを支えた黒人女性たちを描く、映画『Hidden Figures』予告編

写真拡大

地球周回軌道の飛行を達成した初のアメリカ人宇宙飛行士、ジョン・グレン。その功績を支えた、NASAの黒人女性たちを描いた映画『Hidden Figures』の予告編が公開された。

キャサリン・ジョンソンがのちにNASAとなる組織のために計算をしていたころ、彼女の肩書きは「コンピューター」だった。1953年のことである。彼女は1962年まで大量の計算を行っていた。ジョン・グレンが地球を周回した最初のアメリカ人になることができたのは、彼女の計算のおかげだろう。

「NASAを支えた黒人女性たちを描く、映画『Hidden Figures』予告編」の写真・リンク付きの記事はこちら

もしあなたがキャサリン・ジョンソンの名を耳にしたことがあるのであれば、それは彼女が、2015年に米大統領自由勲章を受賞したからだろう。翌年、ジョンソンはさらに人々から認知されることになる。ドラマ「Empire/エンパイア 成功の代償」のタラジ・P・ヘンソンが、彼女のNASAでの仕事を映画化した作品でジョンソンを演じることになったのだ。

映画『Hidden Figures』で描かれるのは、彼女1人ではない。宇宙開発競争の期間中、NASAでジョンソンと仕事をしていた2人のアフリカ系アメリカ人の女性、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)とメアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)のキャリアも描かれる。

すでに自分好みの映画のように思うのであれば、リオ五輪中に公開された冒頭のトレーラーを見てほしい。また、ヘンソンとスペンサー、モネイに加え、映画では1960年代のNASAの科学者に扮したケヴィン・コスナー、そして、ドラマ「スクリーム・クイーンズ」で知られるグレン・パウエルがキャスティングされている。彼はこの映画でジョン・グレンを演じている。

セオドア・メルフィ監督がメガホンを取る『Hidden Figures』は、2017年1月13日公開予定(米国)。

関連記事アポロ計画を支えた、女性プログラマーの肖像