15日、環球網は日本の終戦記念日のこの日、「日本の民間団体が日中の軍事衝突を懸念している」との記事を掲載した。写真提供:新華僑報社。

写真拡大

2016年8月15日、環球網は日本の終戦記念日のこの日、「日本の民間団体が日中の軍事衝突を懸念している」との記事を掲載した。

【その他の写真】

記事は「日本の高官が靖国神社を参拝するかどうかが関心を集めている」「稲田朋美防衛相は先日の会見で涙を浮かべて参拝見送りを表明した」とした上で、「靖国神社には少なくない数の軍国主義的な旗が見られる」と指摘する。さらに、日本新華僑報の編集長・蒋豊(ジアン・フォン)氏の「靖国神社で『自衛隊ありがとう』と書いた旗を掲げる民間団体に出会った」との投稿を紹介。同氏は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、旗を持つ男性から聞いた「私の兄はかつて海上自衛隊に所属していた。今、日本にとって最も危険なのは海上からの脅威。個人的には年内に日中が海上で衝突という予感がする。海上自衛隊に代わって心配している」という言葉をつづっている。(翻訳・編集/野谷)