Anniversary UpdateでWindowsがフリーズする現象が発生。SSD搭載でアプリの保存先を変えているなら注意

写真拡大

米マイクロソフトが、SSD搭載のWindows 10マシンに Anniversary Updateをインストールするとフリーズしてしまう問題が発生する場合があるとして、その対処方法を公開しました。問題となる現象は、SSDにシステムをインストールしたWindows 10 マシンにおいて、プログラムやデータをOSとは別のパーティションに分けている場合にOSからパーティションが見えなくなり、フリーズしてしまうというもの。この現象を記した日本語コミュニティページには「Anniversary Update インストール後、パーティションが失われることがあります」という見出しがつけられていてギョッとさせられるものの、実際にはパーティションやデータなどが失われることはありません。

また問題が発生した場合でも、セーフモードで起動すればフリーズは回避でき、またパーティションも正常に認識できるため、そのままプログラムやデータをOSと同一のパーティションへ移動すれば、再起動後は問題は発生しなくなるとのこと。

とはいえ、もともとOSとおなじパーティションにあるはずのプログラムやデータをわざわざ別のパーティションに移動しているユーザーにはそれなりの事情、たとえばSSDの容量が不足しているといった問題があるはず。プログラムやデータをOSのパーティションに戻せと言われても単純にはできないことも考えられます。

マイクロソフトは、Anniversary Updateをインストールしてから10日以内なら、「設定」メニューの「更新とセキュリティ」から「回復」を選択することで、一時的にAnniversary Updateをアンインストールし、以前のWindows 10に戻す方法もあると説明しています。問題が発生していて、どうしてもAnniversary Updateでないとダメ、というわけでないのであれば、一度ビルドを戻してしまうのもひとつの手かもしれません。

なお、マイクロソフトはこの問題に対応するべく作業を進めており、パッチの用意ができ次第すぐにコミュニティページに報告するとしています。