「スター・ウォーズ」R2-D2役演じた俳優が死去

写真拡大

「スター・ウォーズ」のR2-D2役を演じていた俳優のケニー・ベイカー(81歳)が、8月13日、闘病の末帰らぬ人となった。

ケニーの姪アビゲイル・シールドさんはガーディアン紙に「わかってはいたことですがやはり悲しいですね。ケニーは満ち足りた長い人生を送りました。人々に幸せをもたらし、世界中から愛されたことがこれからも称えられることでしょう。彼が人生の中で成し遂げたことをとても誇りに思います」「ケニーは肺に問題を抱えていて、車いすで生活しなければならないこともよくありました。長い間体調があまりよくなかったのです。ロサンゼルスで行われた『スター・ウォーズ』のプレミア試写会にも招待されたのですが、そこまで移動するには体が弱りすぎていました。幸運なことにジョージ・ルーカスがマンチェスターに来た時には再会することができましたよ」とコメントしている。

ケニーは、13日の朝、甥によって亡くなっているところを発見されたようだ。

アビゲイルさんは同紙に対し「ケニーが子供のころ、成人までは生きられないだろうといわれていました。その当時、小人症を患っている人たちは寿命が長くなかったのです。しかしケニーはとても長く生きることができました。ここ数年間は体調が思わしくなかったので、もう長くないとは覚悟していました。ケニーの甥の一人がケニーの面倒をみていて、土曜日の朝亡くなっているのを発見しました」と続けた。

ケニーの妻エイリーンは20年前に他界している。

ケニーは「スター・ウォーズ」以外にも「エレファント・マン」「バンデットQ」「フラッシュ・ゴードン」などにも出演していた。