【迷惑】海の家のスタッフが激白! 迷惑な海水浴客にブチギレ大激怒!

写真拡大

夏といえばやっぱり海水浴ですよね。友達や家族と海に行けば誰もが開放的な気分になれるもの。海で泳いだり潜ったり、海辺でのんびりしたり、いろいろな楽しみ方ができますよね。

開放的になりすぎてしまう?





ところが、どんなに開放的な気分になったとしても、最低限のマナーは守らなければなりません。最低限のルールをしっかり守るからこそみんなで平和に海水浴を楽しめるのです。

しかし、残念ながら、近年はまわりに迷惑をかける行為をしている人が非常に増えているようです。「特に今年はひどい!」と怒り心頭で話をしてくれたのは毎年夏になると海の家でアルバイトをしているという松形大介さん(29歳)。

たとえ故意ではなかったとしても人に迷惑をかける行為をしてはいけませんよね。一体どんな人がいるのか、松形さんに話を聞いてみることにしました。

1. 魚介系のゴミをそのまま捨てるヤツ



「海辺でバーベキューをするのはもちろん構わないのですが、ゴミ捨てをきちんとしない人が多いです。もちろんこれは最低です。カラスとかが寄ってきますしね。でもたまに見かけるのがゴミを分別して、貝とか、エビの殻とか、魚の骨とか魚介系だけそのまま捨てて帰るヤツです。海の食べ物だから海に捨てていいと勘違いしてるのでしょうか。わざわざ分別するくらいなら、そのまままとめて持ち帰った方が絶対楽なのに……ちょっと意味がわかりません!」

2. レンタル品を持ち帰るヤツ

「海の家で借りたレンタル品を持って帰るヤツがいます。浮き輪とかボートとかが多いですね。大きく海の家の名前が書かれてたりするんですが、空気を抜いてしまうと見えなくなってしまうことがほとんど。そのまま持って帰っても全然気付けないのです。レンタル料は最初に徴収しているとはいえ、立派な泥棒なんだぞ!!」



3. 変な音楽をでかい音でかけるヤツ

「仲間で一緒に好きな音楽をかけたくなる気持ちはよくわかりますし、別に自分たちだけ聞こえる程度の音量だったら全然OKだと思うのですが、たまにバカみたいにでかい音でかけているヤツがいます。しかもそういうヤツに限って、海の家の近くに陣取っていて、よりによって変な音楽をかけやがるので、営業妨害もいいところです! 三代目 J Soul Brothersとか西野カナみたいにセンスの良い音楽をかけてくれるならまだ良いのですが……」

4. 水着でタクシーに乗るヤツ



「僕には直接の被害はないんですけど、たまにビーチにまでタクシーを呼んで、水着のまま乗り込むヤツがいます。考えられません! 車のシートが海水とか砂で汚れるっていう発想はないのでしょうか。タクシーの運転手も呼ばれてきてみたらビックリですよ。しかも気が弱い運転手さんだったら断れないとですよ! タクシーの運転手のことを思うと怒りがこみ上げてくるんです!!」

5. 普通に歩きながらオシッコするヤツ

「海から上がって水着から海水が滴っているようにみせて、どさくさに紛れて水着を着たままオシッコをしているヤツがたまにいます。信じられない話ですが、よくチェックしているとわかるんです!! パッと見た感じではまったくわからないからって、その辺でオシッコをしていいはずがありません! オシッコゾーンの周辺をみんな裸足で歩いたりするんですよ! いい加減にしてくれよ!!」

6. 本格的な落とし穴を掘るヤツ

「ビーチで砂遊びをしていると落とし穴を作ったりしたくなるのはわかりますが、たまに本格的すぎる落とし穴を作るヤツがいます。海の家に『スコップ貸してくださ〜い』なんて来るヤツがいて、何に使うのかと思ったら本気で落とし穴を作ってやがりましたからね。全然関係ない人が引っかかってしまったらどうするつもりなのでしょうか!」



7. 半分くらいケツが見えているヤツ

「水着のサイズが合わないのか、ゴムが伸びきってしまったのか、たまにケツが半分くらい見えているヤツがいます。しかもほぼ確実にオッサンです。ふざけんなよ!! 半ケツは注意するのを躊躇する絶妙なラインなんだぞ! どうせなら丸出しになって警察に捕まってくれよ!! ビーチを眺めながら仕事をしていて、オッサンの半ケツが目に入ってくることほど不快なことはないぞ! あ、もちろん女性であれば大歓迎です。ぜひ半分くらいケツが見える水着を着用してください」

8. 捕まえたエビをトイレに流すヤツ

「海でいろいろな生き物を捕まえるのって楽しいですよね。魚とかエビとかカニとか、どんな海でも探せばたくさんの生き物がいます。捕まえた生き物は持って帰って飼うなり食べるなりすればいいと思いますが、持って帰ることができないからってトイレで流すヤツがいます。以前トイレ掃除をしようと思ったら便器の中にエビがいて衝撃を受けました。っていうかいらないなら海に返せばいいんじゃね? どうしてトイレに流したの? これには本当にブチギレました!!」

しっかりマナーを守ろう





信じられないことに、松形さんが言うにはこれらはすべて本当に起こったことなのだといいます。自分の中では常識だと思っていても、知らず知らずのうちに誰かに迷惑をかけているかもしれません。

海水浴場は全員がマナーを守ることで成り立っている部分が多い場所。これから海に遊びに行く予定がある方は、まわりに迷惑をかけることがないように気をつけて楽しんでください。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/