14日、中国のポータルサイト・今日頭条が中国高速鉄道と日本の新幹線を比較する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国高速鉄道。

写真拡大

2016年8月14日、中国のポータルサイト・今日頭条が中国高速鉄道と日本の新幹線を比較する記事を掲載した。

記事は、速度では中国高速鉄道は時速420キロでのすれ違い試験を行い成功させたが、日本はリニア式で時速603キロを出したと紹介。しかし日本はまだ建設が終わっていないと指摘した。

また、チケット代では中国の高速鉄道は日本と比べると非常に安い上に、建設コストが低く、品質も高いと主張。将来性では、中国高速鉄道の発展の余地は大きく、全体的に中国高速鉄道の方が優位だと結論した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国高速鉄道の方が快適で安全」
「日本の新幹線はごみ。技術面では中国高速鉄道に遠く及ばない」

「新幹線に2回乗ったことがあるが揺れがひどかった。中国の高速鉄道の方が安定している」
「両方乗ったことがあるが、同じようなものだ。ただ、新幹線は映画館のようであるのに対し、中国高速鉄道は市場みたいで、ランクが違う」

「他はともかく、駅弁だけで日本は中国に圧勝」
「日本の新幹線は50年も営業しているからな。中国とは比べ物にならない」

「新幹線のサービスや食事を見てから中国高速鉄道を見ると、違いは明らかだ」
「サービス面でいえば、中国高速鉄道の乗務員の死んだ魚のような顔には何も言えなくなる」(翻訳・編集/山中)