15日、韓国メディアによると、「ベッドサッカー」をしたとして、韓国のサッカーファンから批判を浴びたホンジュラス代表のアルベルト・エリス選手が、自身のSNSに掲載した写真が物議を醸している。資料写真。

写真拡大

2016年8月15日、韓国・朝鮮日報によると、韓国との試合で「ベッドサッカー(競技中にわざと倒れて時間稼ぎをすること)」をしたとして、韓国のサッカーファンから批判を浴びたホンジュラス代表のアルベルト・エリス選手が、自身のSNSに掲載した写真が物議を醸している。

エリス選手は15日午前10時ごろ、上半身裸の姿でヘッドフォンをつけ、人差し指を口に当てる自身の写真をSNSに掲載した。ホンジュラス代表チームを批判する韓国のサッカーファンに対し、「静かにしなさい」とのメッセージを送っているとみられている。

これに先立ち、韓国のサッカーファンらは、リオ五輪の男子サッカー準々決勝で韓国代表チームがホンジュラスに0−1で敗れた後、ゴールを決めたエリス選手のSNSに大量の批判コメントを書き込んだ。これを受け、エリス選手はアカウントを非公開にしていたが、再び公開状態に戻し、問題の写真を掲載した。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「間違いを批判することも許されないの?」
「批判させないなんて、何様のつもり?」

「五輪でせこいサッカーをするなんて許せない!」
「何のために?火に油を注ぐだけ」

「時間稼ぎも作戦の1つ」
「クールに負けを認めよう。気持ちだけでも勝ったつもりになりたいの?」

「悔しいのなら、二度と負けないよう努力するしかない」
「批判したい気持ちは分かるが、あまりにも度が過ぎている」
「人種差別的な発言は慎むべき」(翻訳・編集/堂本)