あわや!? シティのスタッフが搭乗予定の航空機内に煙が発生…調査で40分遅延も蒸気と判明

写真拡大

▽チャンピオンズリーグのプレーオフを戦うためルーマニアへと移動しようとしたマンチェスター・シティだったが、スタッフとメディアが搭乗予定の飛行機から煙が発生したようだ。イギリス『BBC』が報じている。

▽『BBC』によると、15日の11時頃、マンチェスター空港で出発の準備をしていた航空機の客室内に煙が発生。乗客などが避難し、出発が40分遅れたようだ。

▽ルーマニアの航空会社であるカルパトエアの調査によると、煙ではなく空調システムから発生した蒸気だったとのこと。ダクト・システムに貯まった結露が原因だったようだ。

▽なお、この航空機には選手は搭乗しておらず、乗客は調査が終わるまでラウンジで待機していたようだ。マンチェスター・シティは、16日(火)27時45分からステアウア・ブカレストとプレーオフ1stレグを戦う。