Doctors Me(ドクターズミー)- 酒は百薬の長…健康にお酒と付き合うための秘訣とは!?

写真拡大

昔から酒は百薬の長という言葉もあるように、お酒は適量を守れば本来は身体にとってよい面が多く存在します。
もちろん、飲み過ぎれば健康を害してしまう側面もありますが、それはお酒に限ったことではありませんね。
そこで今回は、健康な身体づくりのためにはお酒とどのように付き合っていくべきか、医師に解説していただきました。

お酒を飲むことで身体にいい影響はありますか?

お酒を飲むことは悪い点ばかり強調されがちですが、お酒には適量を飲めば身体にいい影響を与える効果もあります。

1.食欲増進
食前酒などの存在でも知られるように少量のアルコールは食欲を増進させてくれる効果があります。消化管のぜん動運動を促進させることで、お腹がすいた感じがして、食事をおいしくとることができます。
2.血行促進
お酒を少し飲むと頬が紅潮する方が多いことでもわかるように、血行を促進して体を温めてくれる効果も期待できます。
3.リラックス効果
お酒が入ると、楽しい気持ちになったり、対人関係で緊張しがちな方でもリラックスして人とのコミュニけケーションがとりやすくなることもよく知られています。

飲酒時の適量は一般的にどのくらいですか?

お酒の適量には個人差があって、普段お酒に強い方でも体調が悪くなると少量のお酒でも酔いやすくなったり気分が悪くなったりすることがあることが知られています。
ただ、一般的な例でいうと大体一日にアルコール量にして20gくらいが適切な量ではないかといわれ、一般的には

・ビール…500ml
・日本酒…一合
・ワイン…180ml

くらいといわれています。
もちろん、体質によって全く飲めない方もいますし、飲める方でも年齢を重ねたり、小柄な女性の方などであればもう少し少なめに考えておいたほうがよいでしょう。

「美と健康」という観点からお酒の飲み方で気をつけることは?

お酒を飲みすぎるのは、美容に不可欠なビタミン類を崩壊させてしてしまったり、肝臓に大きな負担をかけてしまうので論外といえます。
また、適量であっても週に少なくとも2回は休肝日として、まったくアルコールから遠ざかる日を設けることは大切なことです。
体調の良くないときはアルコールは慎み、睡眠をしっかりとって過ごすようにしましょう。寝酒は睡眠の質を落とし、美容にも影響してしまうので少なくとも睡眠時間の3時間前には飲酒をやめるようにしましょう。

日本酒の化粧水がありますが、どのようにお肌にいいのですか?

日本酒には米コウジの成分が含まれ、このコウジには日焼けやシミの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあって、お肌の美白効果が期待できます。
市販のお化粧品などにもこのコウジの成分が配合されているものがありますね。

医師からのアドバイス

お酒は控えめに飲めば、楽しい時間を過ごせることが多いばかりでなく、例えば成分として含まれるアミノ酸がしっとりした肌を作るなどうれしい美容効果もいっぱいです。
おいしく飲んで健康や美容にも役立てながら、長く上手に付き合っていきましょう。
(監修:Doctors Me 医師)