リオデジャネイロ五輪に出場している福原愛選手は今月13日、卓球を始めて25年目を迎えた。そんな福原選手は北京時間14日、微博に特別な日を記念して、母親と映る幼少期の画像をアップした。

写真拡大

リオデジャネイロ五輪に出場している福原愛選手(28)は今月13日、卓球を始めて25年目を迎えた。そんな福原選手は北京時間14日、微博(ウェイボー)に特別な日を記念して、母親と映る幼少期の画像をアップした。中国新聞網が伝えた。

「8月13日は、私が卓球を始めた日。今年で25年目を迎えた。お母さん、そして全ての人に感謝している。みんながいたから今日の私がいる。これからもがんばっていく!」。アップされた画像を見ると、福原選手は泣きそうな顔でお母さんと顔を合わせており、お母さんから何か諭されているような様子だ。

この福原選手のかわいい画像に、20万人以上のフォロワーがすぐに反応し、次々に「いいね!」を送った。福原選手は子供のころ、「泣き虫」で知られ、負けると涙を流した。そして泣きながら球を打ち、試合が終わってからも泣き続けるという卓球少女だった。そんな彼女が、「中国という絶対的王者が存在し、残った3位の座を他の選手で競って争う」という勢力図の卓球を25年も続けてこられたのは、やはり卓球をこよなく愛しているからにほかならない。(提供/人民網日本語版・編集KN)