ローラ注目。あえて色っぽく着こなしたいこの秋のMA-1 #VETEMENTS

写真拡大

もはやファッションはひとつの言語。

着る服や合わせる小物によって、自分はどんな人間であるとか、どんなことを考えているのかを伝えることができます。あるいは何も主張がない、ということだって。

もし、自分なりの何かを主張したいのであれば、いま『VETEMENTS(ヴェトモン)』のアイテムを着てみたい。

テーマやコンセプトは決めない

モデル・大屋夏南さんは、フードつきをチョイス。よりストリートライクなスタイルに。

ヴェトモンは、2014年春夏コレクションにローンチしたばかりの、まだまだ若いブランド。

ヘッドデザイナーであるDemna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)は、ファッションの名門・アントーワープ王立芸術アカデミー出身。卒業後、『メゾン マルジェラ』や『ルイ・ヴィトン』といった名だたるブランドのデザイナーとして活躍し、ヴェトモンを立ち上げました。

デムナは、シーズンごとにテーマやコンセプトは決めず、クールな友人からインスピレーションを受けコレクションに反映させているとのこと。これこそまさに着るための服、「リアルクローズ」といえます。

とことんルーズに着こなしたいMA-1

立体を意識したユーモアあるデザインが特徴のヴェトモン。個性あふれるアイテムのなかでも注目したいのがMA-1。

長くてボリューミ―な袖と、これでもかというくらいオーバーサイズなシルエット。ルーズな着こなしが、肩肘張らないリラックスした空気感をまとわせています。

ラフなもたつき感がなぜかスタイリッシュに決まるヴェトモンのMA-1。タイトなインナーと合わせて、思う存分ボリューミーなシルエットを引き立たせたい。

ハイセンスなローラさんもヴェトモンに注目しているひとり。

赤のMA-1は、カーキとはまた違った印象。全身を同系色で統一して、とことん攻めたスタイリングも新鮮です。

ちらっと見える内生地のヴィヴィッドなオレンジが、コーディネートのアクセントに。

自分はこうなんだ! と声に出して言えない主張をヴェトモンが代わりにしてくれている気になります。

[CR,VETEMENTS]

文/浦田昆