『ローグ・ ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C) Lucasfilm 2016

写真拡大

「『スター・ウォーズ』の世界には、別の形で語られるべき物語がある」というジョージ・ルーカスのアイデアから着想を得て、新たに作られるスピンオフストーリー『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。この作品から、悪役の代名詞とも言えるダース・ベイダーがチラリとながらも登場する最新映像が解禁となった。

[動画]ダース・ベイダーがチラリ/解禁となった映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』最新映像

本作は、ダース・ベイダーの誕生を描いた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と、『スター・ウォーズ』伝説の原点とも言える『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』をつなぐ架け橋的作品。

解禁となった映像では、帝国軍の支配が着々と進む銀河で、ダース・ベイダーのテーマとして知られる「帝国のマーチ」の音楽が流れる中、反乱軍に加わった女性戦士ジン・アーソを筆頭に、寄せ集め5人の極秘チーム<ローグ・ワン>の姿が描かれていく。

反乱軍のメンバーから「お前を信用できるのか?」と問われ「お互い様でしょ」と強気に返答するジン。ジェダイが存在しない時代、フォースもライトセーバーも使えない、はぐれ者の寄せ集めでバラバラの5人のチーム<ローグ・ワン>は「97.6%の確率で失敗する」という極秘ミッション[帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図奪取]を遂行することができるのか?

ストームトルーパーやデス・トルーパーという戦闘のプロ集団を要し圧倒的な力を持つ帝国軍に対し善戦する反乱軍。そうした中、映像の最後に、嘲笑うかのように登場するのがダース・ベイダーだ。スクリーンには2度と現れないと言われながらも、その圧倒的な存在感とその背景にある熱く切ないストーリーに、再登場への熱望が絶えることがなかった悪の帝王の満を持しての登場は、世界中の観客には大きな期待を持たせつつ、<ローグ・ワン>の5人にとっては圧倒的な絶望を感じさせるに違いない。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日より全国公開となる。

【関連記事】
スター・ウォーズ祭典でスピンオフ『ローグ・ワン』メイキング映像解禁
『スター・ウォーズ』スピンオフの映像解禁!ヒロインのキャラ明らかに
ハン・ソロとカイロ・レンの衝撃シーンついてハリソン・フォードら当事者が語るボーナス映像解禁!
青と赤のライトセーバーが火花散らす『スター・ウォーズ』名シーン舞台裏映像!