15日、日本でも人気の韓国のガールズグループ「少女時代」のメンバー・ティファニーが、自身のSNSに日の丸の絵文字や旭日旗のデザイン文字を掲載したことで韓国で猛批判を浴びている。資料写真。

写真拡大

2016年8月15日、韓国・東亜日報などによると、日本でも人気の韓国のガールズグループ「少女時代」のメンバー・ティファニーが、自身のSNSに日の丸の絵文字や旭日旗のデザイン文字を掲載したことで韓国で猛批判を浴びている。

ティファニーは14日、都内の東京ドームで開かれたコンサートを終えた後、メンバーらと共に写った写真を自身のインスタグラムに掲載した。写真には日の丸やワイン、ハートなどの絵文字が添えられたのだが、韓国では翌15日が日本からの解放を祝う「光復節」に当たることから、この日の丸が問題視された。また、ティファニーがチャットアプリ「スナップチャット」に、旭日旗デザインがあしらわれた「TOKYO JAPAN」のスタンプ文字を掲載したことも判明し、騒ぎが大きくなっている。

ネット上では「光復節に日の丸の絵文字とはどういうこと?」「韓国で活動する歌手の行動とは思えないほど」といった厳しい声が飛ぶ一方、「外国では戦犯旗の模様を知らないこともあり得る」と、米国育ちのティファニーを擁護する声も一部あるようだ。

問題の写真などは現在削除されているが、報道への韓国ネットユーザーの関心は高く、記事には数千のコメントが寄せられている。

「韓国に金もうけに来た米国人だ。最低限のマナーもない」
「どうかしてる」
「頭が悪いにしても程度というものがある」
「たくさんの人が血を流して守った韓国なのに…。もう日本で暮らせ」

「絶対にわざとだ。追放しろ!」
「韓国に二度と来られないよう法改正すべき。ティファニー、アウト!少女時代、アウト!」
「君1人のせいで少女時代ももう終わりだよ」
「こればかりはかばってあげられない。ティファニー、早く削除して謝罪文を出して」

「やはり人間は見た目と中身が違うものだね。常識なし」
「実に無知だし無礼だ」
「いくら教育を受けてなくて頭が空っぽだとしても、戦犯旗はないだろう。まったく情けない」
「クズだな。米国人だから日本が好きなのか?」(翻訳・編集/吉金)