【男のメガネ選び】スマホ老眼・眼精疲労を解消!「ドイツマイスター眼鏡院」へ行ってみた

パソコンやスマホなどで眼を酷使する現代人。40代ともなれば老眼も気になり始める……。@DIME編集部員のCもそんなひとりで、数年前に作った眼鏡が合わなくなっている。おしゃれなデザインなのはもちろん、仕事も運転も実用的にこなせる新しい眼鏡がほしい。そんなリクエストを胸に話題のドイツマイスター眼鏡院を訪ねた。

■ドイツ国家公認 眼鏡マイスターって何?

 日本でも専門学校や業界団体による資格はあるが、原則的には誰でも眼鏡店を営むことができる。ところが、ドイツでは眼鏡マイスターなる国家資格がないと眼鏡店を経営できない。13世紀から続くマイスター制度の眼鏡師版で、世界最高峰の技術と知識を要するといわれている。その資格保有者は日本でたった5人。うち3人で経営しているのが、東京・青山にあるドイツマイスター眼鏡院だ。そのひとりである中西広樹さんは次のように説明する。
 
「眼を臓器のひとつとして捉え、光学だけでなく、解剖学、薬学、心理学、教育学なども履修し、医療行為として眼鏡をお作りしています。マイスターは眼鏡士としての最高位で、約10年間に渡る実技と理論の習得が必要。生涯で3回までしか受験できないんですよ。それまでにパスしないと、眼鏡士のマイスターとして適性がないと国家から判断されるというわけです」

ドイツマイスター眼鏡院を経営する中西広樹さん
兄の謙太さん、妻のステファニーさんとともに、ドイツマイスター眼鏡院を経営する中西広樹さん。3人ともドイツ国家公認の眼鏡マイスターだ。

ドイツ国家公認眼鏡マイスターの証書
ドイツ国家公認眼鏡マイスターの証書。店舗入り口には3名分の証書が掲示されている。

■まずは問診から検査を開始

 ドイツマイスター眼鏡院での検査は完全予約制。1時間ほどマイスターがつきっきりになって、じっくりと検査をするためだ。その第一段階が問診。眼鏡の用途はもちろん、スマホやパソコンの使用時間をはじめとするライフスタイル、服薬など、眼鏡を仕立てるのに必要な情報を問診票に記入する。それをもとにカウンセリング。肩こりやめまいなど、日常的なお悩みも相談してみるといい。
 
「かなり多岐にわたってお話をします。最適な眼鏡をお作りするには、本当にいろいろな情報が必要。問診票に記入するときの姿勢や、来店されたときの歩き姿すらも重要な情報になるんですよ」

度が合わなくなった眼鏡を傍らに問診票に記入する
度が合わなくなった眼鏡を傍らに問診票に記入する。スマホやパソコンによる仕事が快適にできて、クルマの運転時にも使えるものをリクエスト。

問診終了後に予備検査
問診終了後に予備検査。ペンライトの動きを追いかけるなどして、眼球の動きや眼病の有無などをチェックする。

一般的な眼鏡店にも置かれている視力測定器による検査
一般的な眼鏡店にも置かれている視力測定器による検査。こちらもあくまで予備検査のひとつとして行われPD(Pupillary Distance/瞳孔間距離)の測定

PD(Pupillary Distance/瞳孔間距離)の測定。鼻から左右の瞳孔までの距離をそれぞれ測定することで精密なアイポイントを割り出す。

■いよいよ両眼視検査を開始

 ドイツ生まれの「ハーゼ理論」に基づく両眼視検査こそが、眼鏡マイスターの腕の見せ所。快適な眼鏡を仕立てるために最良な方法だという。“両眼視検査”を謳う眼鏡店もちらほら現れているが、「完璧に理論を理解して実践するのは簡単ではありません」とか。
 
「左右の眼はそれぞれ異なる像を捉えています。その異なるズレを無理なく脳内で統合することで、立体感や遠近感を感じるようになっているんです。ところが、左右の眼で見た像がそれぞれ網膜上の正しい位置に映らないと、眼球筋や脳に負担がかかります。そんな負担が、眼精疲労、肩こり、偏頭痛の原因にも。それを解消できるのが、本来のハーゼ理論に基づく両眼視検査なのです」

わざわざドイツから輸入した、両眼視検査が正確にできる検査用のフレーム
わざわざドイツから輸入した、両眼視検査が正確にできる検査用のフレーム。日本にある検査枠では細かな設定ができないため、正しい両眼視検査ができない。

まずは左右の眼の視力をそれぞれ調べる
まずは左右の眼の視力をそれぞれ調べる。視力だけでなく、見え方の個性などもつぶさにチェック。

垂直と水平の2本バーを交差させることで、両眼視におけるズレの有無や度合いを検査
垂直と水平の2本バーを交差させることで、両眼視におけるズレの有無や度合いを検査。レンズの組み合わせによりズレを解消していくと、驚くほど視界が快適になっていく。

ドイツから取り寄せた検査機器により、読書、スマホ、パソコンなどを使う距離で正確な近見視力をチェックする
ドイツから取り寄せた検査機器により、読書、スマホ、パソコンなどを使う距離で正確な近見視力をチェックする。

■検査の結果、店内の99%の眼鏡が装着可能

 検査終了後はフレーム選び。編集部Cの場合、店内にあるどのフレームでも最適な眼鏡を作ることができるという。ドイツマイスター眼鏡院は、『HERRLICHT』(ドイツ)、『JOHNNY MODISTA』(イタリア)といったフレームのブランドの日本総代理店も務める。ほかにも国内外のおしゃれなフレームが並べられ、ファッションとしての提案やアドバイスもしてくれる。
 
「お作りする眼鏡によっては使用できないフレームもあります。なので、当店では検査前のフレーム試着をご遠慮してもらっているんですよ。今回のケースならほぼすべてのフレームが使えます。ユーザーにとってはフレーム選びが最も楽しい作業ですよね」

すっきりとした今風のコンビネーションフレームをリクエスト
すっきりとした今風のコンビネーションフレームをリクエスト。いくつか見せてもらったものからお気に入りのデザインをチョイス。

フィッティングも念入りに
フィッティングも念入りに。ノーズパッドが当たる鼻元に明かりを照らし、皺の寄り(=負荷)を確認しながら人体工学に基づき無理なく正確に装着できるように調整される。

■最適の遠近両用眼鏡が納得の値段で完成

 記者会見などで手元と壇上の両方が快適に見えることや、当初から望んでいたドライブ時の装着なども踏まえ、遠近両用レンズを採用した眼鏡の製作を決定。気になるお値段だが、レンズ代が7万3440円、フレーム代が4万5360円で、総額11万8800円也。遠近両用レンズを使用すれば、どこで購入しても10万円以下は考えにくい。デパートや他の専門店とほとんど変わらず、完璧な両眼視検査をしてもらったことも考慮すれば、むしろお得感すらある予算だ。
 
「40代から50代の時期は、視界もいろいろと変化してくる時期です。50代になったら、遠近両用眼鏡ひとつでは厳しくなるかもしれません。ただ、それまでに、ちょっと気になることがあったり、定期的に検査に来てもらってもいい。もちろんカウンセリングや検査だけなら無料です。ユーザーが眼に対する意識を高くもってもらうことも、我々マイスターの仕事なんですよ」

ドイツマイスター眼鏡院 ドイツマイスター眼鏡院

ドイツの国旗カラーの看板が目印。有名眼鏡店の多い北青山にあり、店内の雰囲気は宝石店や貴金属店のような落ち着いた佇まい。完全予約制なので、じっくりと腰を据えて最適な1本を仕立てられるはず。

ドイツマイスター眼鏡院

住所:東京都港区北青山2-12-27
電話:03-6804-1699
営業時間:11:00〜20:00
定休日:第3月曜(祝日の場合は翌営業日)
http://meister-gankyouin.com

文/加藤亮介(かとう・りょうすけ)

プロダクト情報誌を中心に、アイウェアをはじめ幅広いジャンルで執筆するフリーライター。ブランディングのコンサルタントに携わったり、総合週刊誌の読み物などを担当したりと、仕事選びにはわりと節操がない。